インフュージョンクリニック

「インフュージョンクリニック」って少し変わった名前ですが普通のクリニックです。
ではなぜこんな変わった名前がついているのでしょうか。私たちは2010年に炎症性腸疾患とリウマチという、いわゆる難病を専門的に診療するクリニックを立ち上げました。難病ではありますが革新的な治療薬が誕生して、多くの患者さんが普通の生活を取り戻しています。今ではいくつもの新薬が開発されていますが、最初に出たのが点滴(インフュージョン)で投与するお薬だったのでインフュージョンクリニックと名付けたのです。この分野の先進国であるアメリカにはたくさんのインフュージョンクリニックがあります。私たちは日本初のインフュージョンクリニックとしてスタートしたのです。
うめきたに貢献する
2013年5月、私たちのクリニックはグランフロント大阪(うめきた)に移転しました。これにあたり、専門の診療に加えて一般診療にも力を入れることにしました。グランフロント大阪は商業施設・オフィス・ホテル・住居からなり、たくさんの人が集う新しい町です。でもその中に一般診療を行う医療機関はインフュージョンクリニック以外にありません。ここに集うすべての方々の健康を守るという役割を果たす、それが私たちの使命と考えています。
保険診療以外の診療やケアも
治療効果は証明されているけれど保険がきかない診療、たとえば男性型脱毛症や勃起不全の処方、各種ワクチンの接種、そして病気の予防や治療というよりはむしろ健康増進に役立つ点滴療法(肝機能サポート・疲労回復・美白美肌・超高濃度ビタミンCなど)やプラセンタ注射、さらには健康診断、特定健診、心理カウンセリング、酸素カプセル、すぐ結果のわかる血液検査なども始めました。お電話を頂戴するか、気軽にご来院くだされば、ご相談の上最適なケアを提供させて頂きます。
錦秀会グループとの連携で安心のネットワーク
私たちのクリニックには入院設備はありませんが、もし万が一入院が必要になった時にも錦秀会グループの病院と安心のネットワークを確立していますので、どうかご安心ください。
「おもてなし」の心を大切に
屋上庭園に面し、広々とした環境の中で、くつろぎながら治療を受けて頂き、来ただけで元気になれるクリニック、そして何より困っておられる患者さんの声に耳を傾け、通りいっぺんの診療や看護を超えた「おもてなし」をめざします。名前だけではなく、そこが普通のクリニックと違うと感じて頂けるようにしたいと考えます。インフュージョンクリニックを、どうかよろしくお願い致します。

医療法人錦秀会インフュージョンクリニック

【診療科目】 炎症性腸疾患、リウマチ、一般内科
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪タワーB 9階
[北館 北4エレベーター(9階直通)をご利用ください。]

TEL

お問い合わせ、ご意見などは、office@kic-clinic.jp
までお願いいたします。
※お電話番号を記載していただくと
こちらからご連絡させていただきます。

MAP
  • ・クローン病、潰瘍性大腸炎に代表される炎症性腸疾患(IBD)とリウマチの専門医が先進的な治療を行なっています。
  • ・一般内科の診療も行います。
  • ・特別診察やオプショナル・ケアも提供致します。
ページトップへ