「うめきた」で、癒される。

院長紹介

>その他の医師

「インフュージョンクリニック」と聞いても、ピンとこない方が多いかも知れませんね。

炎症性腸疾患は消化管に炎症をおこす病気、これに対しリウマチは関節に炎症をおこす病気と、一見無関係のように思われますが、実は病気の成り立ちがとてもよく似ていて、そのために治療も共通点が多いのです。

近年生物学的製剤(抗体医薬:例えば、レミケード・アクテムラ等)がこれらの治療に導入され、患者さんの「生活の質(QOL)」を飛躍的に向上させています。もっとわかりやすく言えば入院や手術を減らせるということです。これらの薬は点滴投与されることが多いため「インフュージョン(点滴)クリニック」と名付けました。

もちろん、私たちの施設はインフュージョン治療を受けない方も、炎症性腸疾患・リウマチの専門的な知識と経験を活かして、必要な時に必要な治療を行っていきます。
生物学的製剤は多くの場合、副作用もなく安全に投与できますが、一種のアレルギー反応を起こしてしまうこともあります。私たちは年間1,800件の投与経験があり、投与時反応に対する処置や予防に関するノウハウを蓄積しています。投与時反応のために治療が継続できなくなる可能性は極めて低く、このノウハウを活かして、安全にこの新しい治療をひとりでも多くの患者さんに受けて頂けるようにと考えています。
さらに一般内科診療、保険ではカバーされないものの健康の増進に役立つと思われる診療(特別診療)、心理カウンセリングなどを行っています。
「医療法人錦秀会 インフュージョンクリニック」を、どうぞよろしくお願いいたします。

院長/医学博士 伊藤 裕章
院長/医学博士 伊藤 裕章
ページトップへ

院長略歴

資格・所属学会

  • 日本消化器病学会認定専門医、評議員、「炎症性腸疾患」ガイドライン作成委員、近畿支部評議員
  • 日本消化器内視鏡学会指導医、近畿支部評議員
  • 日本内科学会認定内科医、近畿支部評議員
  • 日本消化管学会胃腸科認定医、評議員
  • 厚生労働省難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班研究協力者
  • 米国消化器病学会会員
  • 米国免疫学会会員
  • 雑誌「IBD Research」編集委員

経歴

  • 昭和55年3月

    大阪大学医学部卒業
  • 昭和55年7月

    大阪大学医学部附属病院第三内科研修医
  • 昭和56年7月

    大阪大学医学部附属病院特殊救急部研修医
  • 昭和56年9月

    三方原病院診療部外科医師
  • 昭和57年7月

    兵庫県西宮病院外科医師
  • 昭和58年1月

    大阪府済生会富田林病院内科医師
  • 昭和59年7月

    石井記念愛染橋病院内科医長
  • 平成4年8月

    大阪大学医学部内科学第3講座助手
  • 平成6年9月

    米国スタンフォード大学免疫リウマチ学教室留学
  • 平成15年3月

    大阪大学大学院分子病態内科学講座講師
  • 平成17年7月

    大阪大学大学院消化器内科学講座講師
  • 平成18年1月

    田附興風会 医学研究所北野病院消化器センター部長
  • 平成22年4月

    医療法人錦秀会 インフュージョンクリニック院長

著書紹介

やさしいクローン病の自己管理  クローン病・潰瘍性大腸炎と診断されたらまっ先に読む本―炎症性腸疾患の革命的治療

  • 『クローン病・潰瘍性大腸炎と診断されたら
    まっ先に読む本―炎症性腸疾患の革命的治療』
    伊藤裕章(著)
    三雲社/2012年
  • 『やさしいクローン病の自己管理』
    伊藤裕章編集
    医薬ジャーナル社/2003年

院長の業績を見る

  • 業績(2000年以降)
  • 英文の原著論文
  • ・Nakamura H, Uehara H, Okada T, Kambe H, Kimura Y., Ito H, Hayashi E, Yamamoto H, Kishimoto S. Occlusion of small hepatic veins associated with systemic lupus erythematosus with the lupus anticoagulant and anti-cardiolipin antibody. Hepato-Gastroenterology 36, 307-408, 1989
  • ・Nakamura H, Kambe H, Egawa T, Kimura Y, Ito H, Hayashi E, Yamamoto H, Sato J, Kishimoto S. Partial purification and characterization of human hepatoma-derived growth factor. Clinica Chimica Acta 183, 273-284, 1989
  • ・Yamamoto H, Ito H, Nakamura H, Hayashi E, Kishimoto S, Hashimoto T, Tagawa K. Human plasma gelsolin binds adenosine triphosphate. Journal of Biochemistry (Tokyo) 108, 505-506, 1990
  • ・Ito H, Yamamoto H, Kimura Y, Kambe H, Okochi T, Kishimoto S. Affinity chromatography of human plasma gelsolin with polyphosphate compounds on immobilized Cibacron Blue F3GA. Journal of Chromatography 526, 397-406, 1990
  • ・Yamamoto H, Hayashi E, Nakamura H, Kimura Y, Ito H, Kambe H. Interferon therapy for non-A, non-B hepatitis: a pilot study and review of the literature. Hepato-Gastroenterology 39, 377-484, 1992
  • ・Egawa T, Ito H, Nakamura H, Yamamoto H, Kishimoto S. Hormonal regulation of vitamin D-binding protein production by a human hepatoma cell line. Biochemistry International 28, 551-557, 1992
  • ・Kambe H, Ito H, Kimura Y, Okochi T, Yamamoto H, Hashimoto T, Tagawa K. Human plasma gelsolin reversibly binds Mg-ATP in Ca2+-sensitive manner. Journal of Biochemistry (Tokyo) 111, 722-725, 1992
  • ・Ito H, Kambe H, Kimura Y, Nakamura H, Hayashi E, Kishimoto T, Kishimoto S, Yamamoto H. Depression of plasma gelsolin level during acute liver injury. Gastroenterology 102, 1686-1692, 1992(学位論文)
  • ・Ogawa H, Ito H, Takeda A, Kanazawa S, Yamamoto M, Nakamura H, Kimura Y, Yoshizaki K, Kishimoto T. Universal skew of T cell receptor (TCR) Vβ usage for Crohn's disease (CrD). Biochemical and Biophysical Research Communications 240, 545-551, 1997
  • ・Krieger N, Ito H, Fathman CG. Rat pancreatic islet and skin xenograft survival in CD4 and CD8 knockout mice. Journal of Autoimmunity 10, 309-315, 1997
  • ・Ito H and Fathman CG. CD45RBhigh CD4+ T cells from IFN-γ knockout mice do not induce wasting disease. Journal of Autoimmunity 10, 455-459, 1997
  • ・Nakamura H, Ito H, Kimura Y, Takeda A, Ogawa H, Kanazawa S, Kuroda T, Inada M, Harada H, Kishimoto T, Zenda S, Terabayashi M, Saeki K, Wada M, Igarashi A, Uemiya M, Kobayashi Y, Hayashi E. The importance of initial daily administration of interferon α for the eradication of hepatitis C virus in patients with chronic hepatitis C: a multicenter randomized trial. Hepato-Gastroenterology 45, 1045-1055, 1998
  • ・Ridgway WM, Ito H, Fasso M, Yu C, Fathman CG. Analysis of the role of variation of major histocompatibility complex class II expression on nonobese diabetic (NOD) peripheral T cell response. Journal of Experimental Medicine 188, 2267-2275, 1998
  • ・Ridgway WM, Ito H, Fasso M, Yu C, Fathman CG. Altered thymic education and the NOD autoimmune T cell repertoire. Canadian Journal of Diabetes Care 22, S6-S10, 1998
  • ・Nakamura H, Ito H, Ogawa H, Takeda A, Kanazawa S, Kuroda T, Yamamoto M, Enomoto H, Kimura Y, Zenda S, Terabayashi M, Saeki K, Noguchi S, Hara H, Uemiya M, Igarashi A, Hayashi E., Initial daily interferon administration can gain more eradication of HCV-RNA in patients with chronic hepatitis C, especially with serum intermediate viral load. Hepato-Gastroenterology 46, 1131-1139, 1999
  • ・Yamamoto M, Yoshizaki K, Kishimoto T, Ito H. IL-6 is required for the development of Th1 cell-mediated murine colitis. Journal of Immunology 164, 4878-4882, 2000
  • ・Atreya R, Mudter J, Finotto S, Müllberg J, Jostock T, Wirtz S, Schütz M, Bartsch B, Holtmann M, Becker C, Strand D, Czaja J, Schlaak JF, Lehr HA, Autschbach F, Schürmann G, Nishimoto N, Yoshizaki K, Ito H, Kishimoto T, Galle PR, Rose-John S, Neurath MF. Blockade of interleukin 6 trans signaling suppresses T-cell resistance against apoptosis in chronic intestinal inflammation: Evidence in Crohn disease and experimental colitis in vivo. Nature Medicine 6, 583-588, 2000
  • ・Ogawa H, Kuroda T, Inada M, Yamamoto M, Enomoto H, Kishima Y, Yoshida K, Ito H, Ogawa H, Nakamura H. Intestinal Behçet's diease associated with myelodysplastic syndrome with chromosome trisomy 8. Hepato-Gastroenterology 48, 416-420, 2001
  • ・Nakamura H, Ogawa H, Kuroda T, Yamamoto M, Enomoto H, Kishima Y, Yoshida H, Ito H, Matsuda M, Noguchi S. Interferon treatment for patients with chronic hepatitis C infected with high viral load of genotype 2 virus. Hepato-Gastroenterology 49, 1373-1376, 2002
  • ・Kishima Y, Yamamoto H, Izumoto Y, Yoshida K, Enomoto H, Yamamoto M, Kuroda T, Ito H, Yoshizaki K, Nakamura H. Hepatoma-derived growth factor stimulates cell growth after translocation to the nucleus by nuclear localization signals. Journal of Biological Chemistry 277, 10315-10322, 2002
  • ・Ito H, Hirotani T, Yamamoto M, Ogawa H, Kishimoto T. Anti-IL-6 receptor monoclonal antibody inhibits leukocyte recruitment and promotes T cell apoptosis in murine model of Crohn’s disease. Journal of Gastroenterology 37, 56-61, 2002
  • ・Nakamura H, Uyama H, Enomoto H, Kishima Y, Yamamoto M, Yoshida K, Okuda Y, Hirotani T, Kuroda T, Ito H, Matsuda M, Terabayashi M, Noguchi S. The combination therapy of interferon and amantadine hydrochloride for patients with chronic hepatitis C. Hepato-Gastroenterology 50, 222-226, 2003
  • ・Yoshida K, Nakamura H, Okuda Y, Enomoto H, Kishima Y, Uyama H, Ito H, Hirasawa H, Inagaki S, Kawase I. Expression of hepatoma-derived growth factor in hepatocarcinogenesis. Journal of Gastroenterology and Hepatology 18, 1293-1301, 2003
  • ・Uyama H, Enomoto H, Kishima Y, Yamamoto M, Yoshida K, Okuda Y, Hirotani T, Kuroda T, Ito H, Matsuda M, Terabayashi M, Noguchi S, Kawase I, Nakamura H. A pilot study of combination therapy with initial high-dose interferon and amantadine hydrochloride for patients with chronic hepatitis C with the genotype 1b virus. Hepato-Gastroenterology 50, 2112-2116, 2003
  • ・Okuda Y, Nakamura H, Yoshida K, Enomoto H, Uyama H, Hirotani T, Funamoto M, Ito H, Everett AD, Hada T, Kawase I. Hepatoma-derived growth factor induces tumorigenesis in vivo through both direct angiogenic activity and induction of vascular endothelial growth factor. Cancer Science 94, 1034-1041, 2003
  • ・Ito H, Takazoe M, Fukuda Y, Hibi T, Kusugami K, Andoh A, Matsumoto T, Yamamura T, Azuma J, Nishimoto N, Yoshizaki K, Shimoyama T, Kishimoto T. A pilot randomized trial of a human anti-interleukin-6 receptor monoclonal antibody in active Crohn’s disease. Gastroenterology 126, 989-996, 2004
  • ・Nakamura H, Yoshida K, Kishima Y, Enomoto H, Uyama H, Kuroda T, Okuda Y, Hirotani T, Ito H, Kawase I. Circulating auto-antibody against hepatoma-derived growth factor (HDGF) in patients with ulcerative colitis. Hepato-Gastroenterology 51, 470-475, 2004
  • ・Becker C, Fantini MC, Schramm C, Lehr HA, Wirtz S, Nikolaev A, Burg J, Strand S, Kiesslich R, Huber S, Ito H, Nishimoto N, Yoshizaki K, Kishimoto T, Galle PR, Blessing M, Rose-John S, Neurath MF. TGFβ suppresses tumor progression in Th2 colitis and associated colon cancer by inhibition of IL-6 trans-signaling. Immunity 21, 491-501, 2004
  • ・Doganci A, Eigenbrod T, Krug N, De Sanctis GT, Hausding M, Erpenbeck VJ, El-Bdaoui H, Schmitt E, Bopp T, Kallen K-J, Herz U, Schmitt S, Luft C, Hecht O, Hohlfeld M, Ito H, Nishimoto N, Yoshizaki K, Kishimoto T, Rose-John S, Renz H, Neurath MF, Galle PR, Finotto S. The IL-6R alpha chain controls lung CD4+ CD25+ T regulatory cell development and function during allergic airway inflammation in vivo. Journal of Clinical Investigation 115, 313-325, 2005
  • ・Ito H. Treatment of Crohn’s disease with anti-IL-6 receptor antibody. Journal of Gastroenterology 40[Suppl XVI], 32-34, 2005
  • ・Finotto S, Eigenbrod T, Karwot R, Boross I, Doganci A, Ito H, Nishimoto N, Yoshizaki K, Kishimoto T, Rose-John S, Galle PR, Neurath MF. Local blockade of IL-6R signaling induces lung CD4+ T cell apoptosis in a murine model of asthma via regulatory T cells. International Immunology 19, 685-693, 2007
  • ・Matsumoto T, Iida M, Motoya S, Haruma K, Suzuki Y, Kobayashi K, Ito H, Miyata M, Kusunoki M, Chiba T, Yamamoto S, Hibi T. Therapeutic efficacy of infliximab on patients with short duration of Crohn’s disease: a Japanese multicenter survey. Diseases of the Colon & Rectum 51, 916-923, 2008
  • ・Matsumoto T, Andoh A, Okawa K, Ito H, Torii A, Yoshikawa S, Nakaoka R, Okuyama Y, Oshitani N, Nishishita M, Watanabe K, Fukunaga K, Ohnishi K, Kusaka T, Yokoyama Y, Sasaki M, Tsujikawa T, Aoki T, Kusaka T, Takeda Y, Umehara Y, Nakamura S, Fujiyama Y (Kinki IBD Study Group). Multivariate analysis for factors predicting rapid response of leukocytapheresis in patients with steroid-resistant ulcerative colitis: A multicenter prospective open-label study. Therapeutic Apheresis and Dialysis 12, 484-490, 2008
  • ・Ito H, Furuta S, Sasaki H, Yoshida T, Takano Y, Hibi T. Pharmacokinetics and safety of single and multiple doses of Asacol tablets in Japanese healthy volunteers. Advances in Therapy 26(8), 749-761, 2009
  • ・Ito H, Iida M, Matsumoto T, Suzuki Y, Sasaki H, Yoshida T, Takano Y, Hibi T. Direct comparison of two different mesalamine formulations for the induction of remission in patients with ulcerative colitis: A double-blind, randomized study. Inflammatory Bowel Diseases 16(9), 1567-1574, 2010.
  • ・Ito H, Iida M, Matsumoto T, Suzuki Y, Sasaki H, Aida Y, Yoshida T, Takano Y, Hibi T. Direct comparison of two different mesalamine formulations for the maintenance of remission in patients with ulcerative colitis: A double-blind, randomized study. Inflammatory Bowel Diseases 16(9), 1575-1582, 2010.
  • ・Hibi T, Sakuraba A, Watanabe M, Motoya S, Ito H, Motegi K, Kinouchi Y, Takazoe M, Suzuki Y, Matsumoto T, Kawakami K, Matsumoto T, Hirata I, Tanaka S, Ashida T, Matsui T. Retrieval of serum infliximab level by shortening the maintenance infusion interval is correlated with clinical efficacy in Crohn’s disease. Inflammatory Bowel Diseases 18(8), 1480-1487, 2012.
  • ・Hibi T, Sakuraba A, Watanabe M, Motoya S, Ito H, Sato N, Yoshinari T, Motegi K, Kinouchi Y, Takazoe M, Suzuki Y, Matsumoto T, Kawakami K, Matsumoto T, Hirata I, Tanaka S, Ashida T, Matsui T. C-reactive protein is an indicator of serum infliximab level in predicting loss of response in patients with Crohn’s disease. Journal of Gastroenterology 49(2), 254-262, 2014.
  • ・Yokoyama Y, Watanabe K, Ito H, Nishishita M, Sawada K, Okuyama Y, Okazaki K, Fujii H, Nakase H, Masuda T, Fukunaga K, Andoh A, Nakamura S. Factors associated with treatment outcome, and long-term prognosis of patients with ulcerative colitis undergoing selective depletion of myeloid lineage leucocytes: a prospective multicenter study. Cytotherapy 17(5), 680-688, 2015.
  • ・Suzuki Y, Matsui T, Ito H, Ashida T, Nakamura S, Motoya S, Matsumoto T, Sato N, Ozaki K, Watanabe M, Hibi T. Circulating interleukin 6 and albumin, and infliximab levels are good predictors of recovering efficacy after dose escalation infliximab therapy in patients with loss of response to treatment for Crohn’s disease: a prospective clinical trial. Inflammatory Bowel Diseases 21(9), 2114-2122, 2015.
  • ・Suzuki Y, Iida M, Ito H, Koyama H, Hibi T. Efficacy and safety of two pH-dependent release mesalamine doses in moderately active ulcerative colitis: a multicenter, randomized, double-blind, parallel-group study. Intestinal Research 14(1), 50-59, 2016.
  • ・Kobayashi T, Suzuki Y, Motoya S, Hirai F, Ogata H, Ito H, Sato N, Ozaki K, Watanabe M, Hibi T. First trough level of infliximab at week 2 predicts future outcomes of induction therapy in ulcerative colitis―results from a multicenter prospective randomized controlled trial and its post hoc analysis. Journal of Gastroenterology 51(3), 241-251, 2016.
  • ・Suzuki Y, Iida M, Ito H, Tachikawa N, Hibi T. Investigation of a high-dose pH-dependent release mesalazine on the induction of remission in active Crohn’s disease. Drugs in R&D (published on line: 16 February 2016).
  • 英文の総説論文
  • ・Ito H. Anti-interleukin-6 therapy for Crohn’s disease. Current Pharmaceutical Design 9, 295-305, 2003
  • ・Ito H. IL-6 and Crohn’s disease. Current Drug Targets 2, 125-130, 2003
  • ・Ito H. Novel therapy for Crohn’s disease targeting interleukin-6 signalling. Expert Opinion on Therapeutic Targets 8, 287-294, 2004
  • ・Ito H. Are intestinal microbes our friend or foe? (Editorial) Journal of Gastroenterology 40, 111-112, 2005
  • 英文の著書
  • ・Ito H. Essential role for IL-6 in the pathogenesis of Crohn's disease. Gastroenterology and Hepatology: Millennium 2000, 183-186, Springer-Verlag Tokyo, 2001
  • ・Ogawa H, Yamamoto M, Nakamura H, Ito H. Role of inducible nitric oxide synthase (iNOS) in murine colitis-Expression of iNOS and production of NO in Human colonic epithelial cells- Gastroenterology and Hepatology: Millennium 2000, 99-102, Springer-Verlag Tokyo, 2001
  • ・Ito H. Targeting IL-6 signaling pathway-a new approach for the treatment of Crohn's disease. Helicobacter meets inflammatory bowel disease, 277-287, Medical Tribune Tokyo, 2002
  • ・Ito H. IL-6: a key player in IBD. Recent Advances in Inflammatory Bowel Diseases, 20-22, Elsevier Japan, 2007
  • 日本語の原著論文
  • ・鈴木康代、鈴木友和、安部真佐子、佐古田三郎、伊藤裕章、山本英夫 家族性アミロイドポリニューロパチー第1型患者の血漿ゲルゾリン濃度について 平成2年度厚生省特定疾患運動失調症調査研究班研究報告書、122-124、1991
  • ・小川弘之、伊藤裕章、木村良博、金澤済江、原田 博、黒田了文、竹田 晃、中村秀次、吉崎和幸、岸本忠三 Crohn病腸粘膜におけるT細胞受容体Vβレパトアの解析 日本臨床免疫学会会誌、 17、842-846、1994
  • ・小川弘之、伊藤裕章、木村良博、金澤済江、原田 博、黒田了文、中村秀次、根津理一郎、吉崎和幸、岸本忠三 クローン病腸粘膜におけるT細胞受容体Vβレパトアの解析 消化器と免疫、29、 106-111、1994
  • ・吉崎和幸、西本憲弘、青木千恵子、伊藤裕章 ヒトサイトカインに対するヒト型化またはヒト抗体を用いたサイトカイン機能阻害によるベーチェット病の治療へのアプローチ 平成9年度厚生省特定疾患調査研究報告書、6071、1998
  • ・林英二朗、中村秀次、木村良博、伊藤裕章、竹田 晃、小川弘之、金澤済江、原田 博、黒田了文、居平典久、全田貞夫、野口左内、佐伯 巧、和田雅己、五十嵐敢、寺林 稔、原 秀樹、田中正信 C型慢性肝炎に対するインターフェロンα2a 6カ月間投与の有効性の検討-初期2週間連日投与法と週3回の間欠的投与法の有効性に関する多施設試験 臨床と研究、75、661-668、1998
  • ・貴島芳彦、吉田賢哉、黒田了文、山本光成、榎本平之、伊藤裕章、中村秀次 慢性膵炎疑診例に対するメシル酸カモスタットの臨床的治療効果 現代医療、32、158-164、2000
  • ・中村秀次、野口左内、小川弘之、松田政浩、黒田了文、山本光成、榎本平之、貴島芳彦、吉田賢哉、伊藤裕章 C型慢性肝炎に対するインターフェロンβ6カ月間投与-6週間連日投与後20週間間歇投与法- 肝臓、41、286-287、2000
  • ・野口左内、小川弘之、松田政浩、黒田了文、稲田正彦、山本光成、榎本平之、貴島芳彦、吉田賢哉、伊藤裕章、中村秀次 C型慢性肝炎に対するインターフェロン-β6カ月間投与の有効性について 医学と薬学、45(6)、1075-1084、2001
  • ・伊藤裕章、山本光成、岸本忠三 クローン病の病態におけるIL-6/IL-6レセプターシグナルの重要性 消化器と免疫、38、97-99、2002
  • ・貴島芳彦、山本光成、榎本平之、吉田賢哉、黒田了文、小川弘之、伊藤裕章、中村秀次 単純性潰瘍5症例の検討 日本消化器内視鏡学会雑誌、44、780-787、2002
  • ・伊藤裕章、小川弘之、廣谷友範 IL-6シグナルを標的とした炎症性腸疾患の新しい治療 消化と吸収、25、38-39、2003
  • ・伊藤裕章 抗IL-6レセプター抗体の実験腸炎モデルに対する治療効果の検討 厚生労働科学研究費補助金特定疾患対策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成14年度研究報告書、分担研究報告23、63-64、2003
  • ・宇山宏和、有光潤介、奥田偉秀、伊藤裕章 疼痛コントロール困難な痔瘻に発症したCrohn病痔瘻癌の1症例 診断と治療、92、2122-2124、2004
  • ・林 義人、西田 勉、近藤純平、山本克己、飯島英樹、筒井秀作、平松直樹、辻井正彦、辻 晋吾、伊藤裕章、竹原徹郎、林 紀夫 Crohn病に合併した原発不明腺癌に対してmFOLFOX6が奏功した1例 日本消化器病学会雑誌、106、69-76、2009
  • 日本語の総説論文
  • ・伊藤裕章 抗IL-6レセプター抗体によるクローン病治療 消化器科、30、418-425、2000
  • ・伊藤裕章 クローン病の病態におけるIL-6/IL-6受容体シグナルの関与と治療戦略 Pharma Medica、19、55-59、2001
  • ・伊藤裕章 抗IL-6レセプター抗体を用いたクローン病の新しい治療 難病と在宅ケア、7、45-48、2001
  • ・伊藤裕章 炎症性腸疾患におけるIL-6 消化器科、33、265-271、2001
  • ・伊藤裕章 炎症性サイトカインを標的としたクローン病治療 炎症と免疫、10、101-107、2002
  • ・伊藤裕章 IL-6/IL-6Rと炎症 ホルモンと臨床、50、265-272、2002
  • ・伊藤裕章 炎症性腸疾患の新しい治療 今月の治療、10、45-48、2002
  • ・伊藤裕章 粘膜内炎症性サイトカインを標的とした炎症性腸疾患治療 Molecular Medicine、39、1042-1047、2002
  • ・伊藤裕章 炎症性腸疾患におけるIL-6の役割 臨床免疫、38、503-507、2002
  • ・伊藤裕章 クローン病における抗IL-6受容体抗体療法 治療学、38、1273‐1274、2004
  • ・伊藤裕章 新しいサイトカイン阻害薬-抗IL-6レセプター抗体- G.I.Research、 13、35-41、2005
  • ・伊藤裕章 クローン病とサイトカイン 臨床消化器内科、20、359-366、2005
  • ・伊藤裕章 抗IL-6レセプター抗体療法 Mebio、22、114-118、2005
  • ・伊藤裕章 抗体製剤その他-「炎症性腸疾患」 最新医学 別冊 新しい診断と治療のABCシリーズ29、135-142、2005
  • ・伊藤裕章 炎症と再生、そしてこれらを繋ぐもの 消化器と免疫、41、131、2005
  • ・伊藤裕章 クローン病に対する抗サイトカイン療法 最新医学、60、1162-1167, 2005
  • ・伊藤裕章 炎症性腸疾患に対する分子標的療法 綜合臨床、54、2481-2486、2005
  • ・伊藤裕章 Crohn病に対する抗TNF-α、抗IL-6レセプター抗体療法 Medical Science Digest、31、520-522、2005
  • ・伊藤裕章 炎症性腸疾患に対する分子標的療法の現状と今後 カレントテラピー、24、64、2006
  • ・伊藤裕章 IL-6受容体阻害療法のクローン病臨床応用への展望は? 分子消化器病、3、13-16、2006
  • ・伊藤裕章 クローン病 medicina(2006年増刊号)『Common Diseaseインストラクションマニュアル―患者に何をどう説明するか』 medicina、43、132-135、2006
  • ・伊藤裕章 ガイドラインを活かしたクローン病の適切な治療 IBD Research、1、40-45、2007
  • ・伊藤裕章 レミケードはクローン病の治療方針を変えたか 外科治療、96、816-820、2007
  • ・伊藤裕章 「クローン病のトータルマネジメント」 腸管外合併症対策 Progress in Medicine、27、951-953、2007
  • ・伊藤裕章 論文紹介 消化管Network、8、56、2007
  • ・伊藤裕章 「クローン病に対する生物学的製剤の進歩」 臨床効果と適切な使用法 Modern Physician、27、954-956、2007
  • ・松本誉之、伊藤裕章、押谷伸英、仲瀬裕志、安藤 朗 座談会「新しいIBD診療の飛躍に向かって(近畿地区編)」 IBD Research、1、85-96、2007
  • ・伊藤裕章 「消化器薬の使い方Update」消化器薬物治療の新展開-炎症性腸疾患の新しい治療薬 medicina、44、1730-1731、2007
  • ・伊藤裕章 「特集 炎症性腸疾患UP TO DATE 治療へのアプローチ」 抗サイトカイン療法 綜合臨床、56、2498-2502、2007
  • ・伊藤裕章 「特集 炎症性腸疾患治療のup to date」 クローン病におけるレミケード 臨床消化器内科、23、607-612、2008
  • ・伊藤裕章 「特集 炎症性腸疾患の診断と治療」 他の生物製剤、海外の報告も含めて Pharma Medica、26、45-47、2008
  • ・伊藤裕章 「今増えている炎症性腸疾患と機能性腸疾患」 21.炎症性腸疾患の薬物治療の注意点 medicina、45、865-867、2008
  • ・伊藤裕章 「炎症性腸疾患と生物学的製剤」 診断と治療、96、2536-2541、2008
  • ・伊藤裕章 「抗サイトカイン療法」 Ⅴ. クローン病の管理・治療、日本内科学会雑誌、98、88-93、2009
  • ・八隅秀二郎、伊藤裕章 「消化器病研究施設紹介 (財)田附興風会医学研究所北野病院消化器センター」 Frontiers in Gastroenterology、14、33-38、2009
  • ・伊藤裕章 「軽症・中等症活動性潰瘍性大腸炎患者のQOL改善におけるメサラジンの有効性」 APT Digest、12、29-31、2009
  • ・伊藤裕章 「単純性潰瘍」 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.12 「消化管症候群(第2版)下」 315-317、2009
  • ・伊藤裕章 「潰瘍性大腸炎 〜診断と治療〜」 Medicament News、第2002号(2010年1月5日)、11-13、2010
  • ・伊藤裕章他 「座談会 潰瘍性大腸炎の新しい治療―アサコールの大腸選択性と治療効果―」 Medical Tribune、 43(4)(2010年1月28日)、28-29
  • ・伊藤裕章 「IBD治療のための生物学的製剤の知識」 IBD Research、4(1)、32-37、2010
  • ・伊藤裕章 「従来型メサラジンと新規メサラジンの特徴と使い方」 消化器の臨床、13(1)、31-37、2010
  • ・伊藤裕章 「炎症性腸疾患の検査データの見方」 消化器肝胆膵ケア、15(1)、93-97、2010
  • ・伊藤裕章 「抗サイトカイン療法の有用性」成人病と生活習慣病、40(12)、1410-1415、2010
  • ・伊藤裕章 「メサラジン製剤」 消化器の臨床、13(6)、654-658、2010
  • ・伊藤裕章他 「座談会 クローン病におけるインフリキシマブ治療の新たな展開〜インフリキシマブの有用性の最大化を目指して〜」 Mebio、 28(3)、13-17、2011
  • ・高後 裕、伊藤裕章、渡辺憲治、長沼 誠、蘆田知史 「座談会 炎症性腸疾患診療における病診連携」日本消化器病学会雑誌、108(4)、592-604、2011
  • ・伊藤裕章 「病態・治療Q&A」臨床のあゆみ、88(2011年6月号)、13-14、2011
  • ・有光晶子、伊藤裕章 「Ⅵ 炎症性腸疾患の内科的治療 抗TNF-α抗体製剤:インフリキシマブ」 日本臨床 70巻増刊号1、329-332、2012
  • ・有光晶子、伊藤裕章 「特集:クローン病のTherapeutic Strategy-mucosal healingは治療のゴールか Ⅳ クローン病治療戦略-どのような患者に用いるか (2) 抗TNF-α抗体製剤」INTESTINE、16(3)、246-250、2012
  • ・伊藤裕章 「連載/IBDと炎症性サイトカイン 第7回 IL-6」G.I.Research、20(2)、77-82、2012
  • ・有光晶子、伊藤裕章 「炎症性腸疾患の病態・治療法-潰瘍性大腸炎・クローン病の違いを理解する」 最新消化器看護17(1)、32-38、2012
  • ・伊藤裕章 「<特集=消化器疾患の話題>炎症性腸疾患」 Medicament News、第2107号(2012年12月5日)、6-7、2012
  • ・伊藤裕章 「潰瘍性大腸炎における新たな治療戦略 4.インフリキシマブ」INTESTINE 17(2)、145-150、2013
  • ・有光晶子、伊藤裕章 処方の教室「潰瘍性大腸炎・クローン病」 Rp.(レシピ)2013年 夏号、12(3)、5-32、2013
  • ・有光晶子、伊藤裕章 「特集/炎症性腸疾患診療の新たな展開 免疫療法によるクローン病のマネージメント」 臨床と研究91(8)、62-64、2014
  • ・阪上佳誉子、伊藤裕章 「特集/患者・家族の思いに寄り添った消化器疾患患者の退院・療養支援 潰瘍性大腸炎患者の寛解維持」消化器最新看護19(5)、20-25、2014
  • ・有光晶子、伊藤裕章 「特集/炎症性腸疾患―ファーストタッチから長期マネジメントまで <各種治療薬について知っておくべきこと> 生物学的製剤」内科116(4)、615-618、2015
  • ・伊藤裕章 「特集/炎症性腸疾患の診断と治療update 炎症性腸疾患の薬物療法の現状と今後」医学と薬学73(1)、27-33、2016
  • 日本語の著書
  • ・日比紀文編集、伊藤裕章 (分担) 炎症性腸疾患診療ハンドブック、131-135、真興交易医書出版部、1999
  • ・森岡恭彦、鎌田武信、戸田剛太郎監修、菅又泰博、西本憲弘、伊藤裕章、吉崎和幸 (分担) 消化器疾患の最新医療、20-26、先端医療技術研究所、2001
  • ・高添正和編集、伊藤裕章 (分担) 炎症性腸疾患のすべて、317-320、メジカルビュー社、2002
  • ・中村秀次編集、伊藤裕章 (分担) クローン病栄養・食事療法ガイドライン、大阪府難病医療情報センター、2002
  • ・松澤佑次監修、伊藤裕章編集 やさしいクローン病の自己管理、医薬ジャーナル社、2003
  • ・伊藤裕章編集 ひとりで悩まないで クローン病と共に生きる、大阪府難病医療情報センター、2004.10
  • ・日本炎症性腸疾患協会(CCFJ)編集、伊藤裕章(分担) IBDハンドブック 121-123、文光堂、2006
  • ・西本憲弘・平野俊夫編著 伊藤裕章(分担) IL-6 Bench to Bedside、第1章 IL-6 in Bench Study 2. IL-6の病態への関わりと疾患モデルによる検討 クローン病 63-67、メディカルレビュー社、2006
  • ・西本憲弘・平野俊夫編著 伊藤裕章(分担) IL-6 Bench to Bedside、第2章 IL-6 in Bedside Study クローン病 125-129、メディカルレビュー社、2006
  • ・日比紀文編集、伊藤裕章(分担) 炎症性腸疾患、3章 内科的治療 Ⅲ-3 生物学的製剤、124、医学書院、2010
  • ・清野 宏編集、伊藤裕章(分担) 臨床粘膜免疫学、12.粘膜免疫を使った予防・治療戦略 e.炎症性腸疾患のサイトカイン標的療法、564-571、シナジー出版、2010
  • ・渡辺 守編集、伊藤裕章(分担) IBDを究める、5.炎症性腸疾患の内科的治療 3.各治療法 抗TNFα製剤(インフリキシマブ/アダリムマブ)、181-188、メジカルビュー社、2011
  • ・伊藤裕章 クローン病・潰瘍性大腸炎と診断されたらまっ先に読む本-炎症性腸疾患の革命的治療-、三雲社 2012
  • ・門脇孝・小室一成・宮地良樹監修、伊藤裕章(分担) 診療ガイドラインUP-TO-DATE 2014-2015、Ⅳ-10潰瘍性大腸炎、250-259、メディカルレビュー社、2014
  • 学会活動・講演(2005年以降)
  • ■2005年
  • ・座長。シンポジウム「栄養を科学する」伊藤裕章。第5回クローン病トータルケア推進協議会総会(1/22、毎日新聞オーバルホール、大阪)
  • ・座長。一般演題「IBD基礎研究」第1回日本消化管学会総会(1/29、名古屋)
  • ・座長。大腸良性Ⅱ、伊藤裕章。第74回日本消化器内視鏡学会近畿地方会(3/5、大阪)
  • ・ “Experimental Models of Inflammatory Bowel Disease”伊藤裕章。第16回U-R研究会(口演、3/12、武田薬品本社ビル、大阪)
  • ・「クローン病に対する抗サイトカイン治療の最前線」伊藤裕章。第5回小児IBD研究会(特別講演、3/20、東京)
  • ・座長。一般演題(口演)「IBD基礎-5」伊藤裕章。第91回日本消化器病学会総会(3/14、東京)
  • ・「出血性腸炎を伴い発症したWegener肉芽腫症の1例」堀野次郎、宇山宏和、有光潤介、奥田偉秀、廣谷友範、伊藤裕章。一般演題(臨床的に示唆に富む問題症例検討会)、症例037、第91回日本消化器病学会総会(口演、ポスター、3/14、東京)
  • ・「膵癌におけるHDGF発現の検討」宇山宏和、富田裕彦、奥田偉秀、伊藤裕章、中森正二、青笹克之、中村秀次、門田守人。一般演題(口演)、膵腫瘍:基礎-2、第91回日本消化器病学会総会(口演、ポスター、3/15、東京)
  • ・「腸の免疫疾患」ラジオ大阪1314KC「アレルギー診察室」5月15日(日)午前6時45分‐7時00分(5月10日録音)
  • ・Modulator. Remicade Seminar in Chicago, Round Table Discussion.(5/16, Chicago, U.S.A.)
  • ・“Multicenter prospective open label study of leukocytapheresis to patients with intractable moderate to severe ulcerative colitis” Matsumoto T, Fujiyama Y, Okawa K, Ito H, Torii A, Yoshikawa S, Nakaoka R, Okuyama Y, Watanabe K, Nishishita M, Andoh A, Fukunaga K, Kinki IBD Study Group. DDW 2005, IBD: Controlled and Uncontrolled Clinical Trial (Poster, 5/18, Chicago, U.S.A.)
  • ・座長。講演「関節リウマチの治療におけるパラダイムシフト」佐伯行彦、大阪IBDセミナー(6/3、大阪)
  • ・「出血性腸炎を伴ったWegener肉芽腫の1例」宇山宏和。IBD Club Jr.(口演、6/18、東京)
  • ・ディスカッサント、10th US-Japan GI & Liver Meeting in 21st Century(6/24、京都)
  • ・座長。「ステロイド抵抗性・依存性症例に対するIBD治療の工夫」伊藤裕章。第16回大腸病態・治療研究会(6/29、大阪)
  • ・「潰瘍性大腸炎・クローン病の内科的治療-基礎から最新治療まで-」伊藤裕章。滋賀IBD講演会(口演、7/3、南草津)
  • ・「これからのクローン病治療」伊藤裕章。第3回山口サイトカイン研究会(口演、9/1、宇部)
  • ・Advisory board, GI International Round Table (9/7-9, Washington, DC, U.S.A.)
  • ・“Novel therapy for Crohn’s disease targeting interleukin-6 signaling”伊藤裕章。日本抗体研究所セミナー(口演、9/16、大阪)
  • ・「炎症性腸疾患」伊藤裕章。大阪府栄養士会生涯学習研修会(口演、9/25、大阪)
  • ・座長、一般演題(ポスター)IBD基礎⑦、第47回日本消化器病学会大会(DDW-J 2005、10/6、神戸)
  • ・「生物学的製剤を中心としたクローン病治療」伊藤裕章。DDW-J 2005ブレックファストセミナー(口演、10/7、神戸)
  • ・座長、一般演題(ポスター)、大腸⑥、第70回日本消化器内視鏡学会総会(DDW-J 2005、10/8、神戸)
  • ・座長。「クローン病における上部消化管病変」伊藤裕章。第8回大阪クローン病治療研究会(10/21、大阪)
  • ・座長。Dr. Seiji Kitagawa、大阪小児クローン病講演会(11/11、大阪)
  • ・「クローン病の診断と治療」伊藤裕章。とやまIBD講演会(口演、11/17、富山)
  • ・「これからのクローン病の治療」伊藤裕章。第86回日本消化器病学会九州支部・第80回日本消化器内視鏡学会九州支部例会合同開催ランチョンセミナー(口演、11/19、熊本)
  • ・「炎症性腸疾患のこれからの治療」伊藤裕章。淀川GIカンファレンス(口演、11/26、済生会吹田病院、大阪)
  • ・座長。「栄養士から見たクローン病」安井洋子、第266回大阪大学臨床栄養研究会(12/12、大阪)
  • ■2006年
  • ・“Novel therapy for Crohn’s disease targeting interleukin-6 signaling”Ito H. Colloquium for the Study of Gastrointestinal Defense System (Oral Presentation, 1/14, Osaka)
  • ・「クローン病治療Up-to-date」厚木Infliximab Meeting(招聘講演、1/16、神奈川県、伊勢原市)
  • ・「炎症性腸疾患治療のグローバル・スタンダード」奈良Infliximab Meeting(招聘講演、1/21、橿原市)
  • ・「クローン病治療Up-to-date」Infliximab Meeting of Crohn’s Disease(招聘講演、1/24、高松市)
  • ・「IL-6シグナルを標的としたクローン病の治療戦略」第1回大阪胃腸病フォーラム(OGIF) (講演、1/27、大阪市)
  • ・「IBD治療の最前線」第11回消化管疾患病態研究会(特別講演、2/4、高知市)
  • ・レミケード講演会、座長 ”The efficacy of infliximab for early CD patients-Potential Benefits of ‘Top-down’ Strategy-“ by Geert D’Haens (2/13、大阪市)
  • ・“IL-6: A Key Player in IBD” International Symposium on Recent Advances in Inflammatory Bowel Disease 2006 Tokyo (Oral Presentation, 2/18, Tokyo)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」関西腸疾患セミナー(招聘口演、2/24、大阪市)
  • ・「出血性クローン病に対するインフリキシマブの有効性」伊藤裕章、飯島英樹、林 紀夫。日本消化器病学会近畿支部第84回例会(口演、シンポジウム1腸疾患:内科と外科の接点、2/25、神戸市)
  • ・「潰瘍性大腸炎・クローン病の治療に関して」J-IBDミニ講演会&IBDキャンパス(基調講演、2/26、大阪市)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」四日市Infliximab Meeting(招聘講演、3/7、四日市)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」第1回IBD Young Academy(招聘講演、3/8、京都市)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」Remicade User’s Meeting(招聘講演、3/9、大阪市)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」Infliximab Meeting of Crohn’s Disease (招聘講演、3/16、豊中市)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」第5回埼玉クローン病研究会(招聘講演、3/24、埼玉)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」第3回岐阜クローン病懇話会(招聘講演、3/30、岐阜)
  • ・「クローン病医の治し方」田辺製薬103期首大阪支店合同会議(招聘講演、4/7、大阪)
  • ・「クローン病のInfliximab投与におけるクリニカルパス導入の意義」小坂 正、富田寿彦、松本誉之、上小鶴孝二、戸澤勝之、吉田幸治、福田能啓、辻川知之、渡辺憲治、伊藤裕章。第92回日本消化器病学会総会、一般演題・口演「クローン臨床1」(座長、4/22、小倉)
  • ・「症例:下部8」、第92回日本消化器病学会総会(座長、一般演題ポスター、4/22、小倉)
  • ・インフリキシマブ・ミーティング(招聘講演、4/22、小倉)
  • ・Modulator. Remicade Seminar in LA(5/23, Los Angeles, U.S.A.)
  • ・北区病診連携NST勉強会(「栄養療法の重要性とNST」川崎病院・井上善文先生、座長、5/31、北野ホール)
  • ・第22回Tokyo Gut Club「クローン病治療からステロイドがなくなるか?抗TNFα抗体治療-Top-down? vs. Step-up?-」 (ディベーター、6/15、東京)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」第337回徳島県中部臨床研究会(招聘講演、6/16、徳島)
  • ・北区病診連携NST勉強会(「管理栄養士の新しい役割-NST活動を中心に-」近森病院・内山里美先生、座長、6/21、北野ホール)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」群馬クローン病治療Up to Date(招聘講演、6/23、前橋)
  • ・11th US-Japan GI & Liver Meeting in 21st Century(Discussant、6/30、東京)
  • ・「これからのIBD治療」第16回IBD Club in Hamamatsu(招聘講演、7/1、浜松)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」北播但地区インフリキシマブ・ミーティング(招聘講演、7/6、西脇市)
  • ・「生物学的製剤によるクローン病治療の現状と展望」第27回日本炎症・再生医学会ワークショップ(指名講演、7/11、東京)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」山口クローン病講演会(招聘講演、7/12、山口)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」第8回土浦クローン病懇話会(招聘講演、7/14、土浦)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」福井クローン病講演会(招聘講演、7/26、福井)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」堺クローン病講演会(招聘講演、8/4、堺)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」大阪厚生年金病院講演会(招聘講演、8/21、大阪)
  • ・「クローン病の病態と治療」リニカル講演会(招聘講演、8/24、大阪)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」高知クローン病講演会(招聘講演、8/25、高知)
  • ・「炎症性腸疾患のこれからの治療」和同会(講演、8/26、大阪)
  • ・「これからのIBD治療」第24回大腸検査学会総会ランチョンセミナー(招聘講演、9/3、大阪)
  • ・「大腸1」第85回消化器病学会近畿支部例会(座長、一般演題口演、9/9、大阪)
  • ・GI International Round Table(Consultant、9/15、アムステルダム)
  • ・“Current status of nutritional and immuno-regulatory therapy in adult patients with Crohn’s disease in Japan” Japan-Korea IBD Symposium(招聘講演、9/23、ソウル)
  • ・「おしりを守るクローン病最新治療」第61回日本大腸肛門病学会総会ランチョンセミナー(招聘講演、9/29、弘前)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」鳥取クローン病講演会(招聘講演、9/30、鳥取)
  • ・「クローン病の最新の治療と療養生活について」豊中保健所講演会(招聘講演、10/7、豊中)
  • ・「こどもの未来を救うクローン病治療」第33回日本小児栄養消化器肝臓学会(教育講演、10/ 8、大阪)
  • ・「IBD臨床(8)」第48回日本消化器病学会大会(DDW-Japan 2006)(座長、一般演題ポスター、10/12、札幌)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」高松クローン病ミーティング(招聘講演、10/20、高松)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」倉敷中央病院クローン病ミーティング(招聘講演、10/24、倉敷)
  • ・「top-down therapy」第10回大阪クローン病治療研究会(座長、症例検討、10/27、大阪)
  • ・「サイトカインをターゲットとしたより高いレベルのクローン病治療」第3回Japan Round Table Discussion on IBD(招聘講演、10/28、東京)
  • ・「エビデンスとコンセンサスを統合した潰瘍性大腸炎の診療ガイドラインについて-臨床現場での活用-」第18回大腸病態治療研究会(座長、集中討議、11/9、大阪)
  • ・「レミケード万歳」田辺製薬武蔵野営業所講演会(招聘講演、11/10、東京)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」第8回北関東・甲信越「GUTフォーラム」(招聘講演、11/11、東京)
  • ・第2回IBD Young Academy(コメンテーター、11/15、京都)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」Infliximab User’s Meeting(招聘講演、11/22、大阪)
  • ・「Original clinical research」第3回に本炎症性腸疾患研究会(Discussant、12/3、東京)
  • ・「炎症性腸疾患を正しく理解していただくために」IBD市民公開講座(パネリスト、12/3、東京)
  • ■2007年
  • ・「クローン病の最新治療」大阪府医師会生涯研修講座(招聘講演、1/18、大阪)
  • ・「クローン病治療の最前線」第555回大阪外科集談会(招聘講演、1/20、大阪)
  • ・「クローン病の基礎から最新情報まで」堺市難病支援ネットワーク協議会クローン病講演会(招聘講演、1/21、堺)
  • ・NST勉強会「嚥下障害と病院における口腔ケア(舘村 卓)」(座長、1/31、きたのホール)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」Infliximab User’s Meeting(招聘講演、2/6、福山)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」南加賀IBDカンファレンス(招聘講演、2/8、小松)
  • ・「IBD治療の最前線」東海IBDセミナー(招聘講演、2/13、浜松)
  • ・雑誌「IBD Research」対談(2/14、大阪)
  • ・「炎症性腸疾患の現状と問題点」日本消化器病学会近畿支部第23回教育講演会(教育講演、2/17、京都)
  • ・「炎症性腸疾患」ABCラジオ「健やかライフ」(ラジオ出演、2/19-23、大阪)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」IBDカンファレンス in 桜山(招聘講演、2/22、名古屋)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」インフリキシマブミーティング(招聘講演、2/24、和歌山)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」北区・中央区産業医会「さんさん会」(招聘講演、3/1、大阪)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」大阪若手クローン病医の会(招聘講演、3/8、大阪)
  • ・「IBDの最新治療」北野病院医師会合同勉強会(講演、3/17、大阪)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」インフリキシマブ・ユーザーズ・セミナー(招聘講演、3/23、名古屋)
  • ・「抗サイトカイン療法で進化したクローン病治療」CRT(Crohn’s Disease Round Table Discussion)(招聘講演、3/24、東京)
  • ・「IBD治療の現状と今後の方向性について」味の素株式会社医薬カンパニー医薬研究所講演会(招聘講演、3/26、東京)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」レミケード・ユーザーズ・ミーティング(招聘講演、3/30、札幌)
  • ・「生物学的製剤はクローン病治療を変えたか」消化器ラウンドテーブル(招聘講演、4/6、堺)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」北九州クローン病懇話会(招聘講演、4/13、北九州)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」Infliximab User’s Meeting(招聘講演、4/14、加古川)
  • ・「New Therapy of Crohn’s Disease」消化器病学会、JSGE/AGA合同会議(招聘講演、4/19-20、青森)
  • ・「再燃・再手術サイクルをInfliximabは断ち切れるか」第2回Biologics Forum on IBD(招聘講演、4/21、青森)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」武蔵野IBDを考える会(招聘講演、5/9、東京)
  • ・「増えるクローン病と治療法について」枚岡医師会学術講演会(招聘講演、5/15、東大阪)
  • ・IBD Round Table Meeting 「Top-down治療がもたらすクローン病治療のさらなる展望」(Discussant、5/21、Washington DC)
  • ・NST勉強会「嚥下障害と病院における口腔ケア(Ⅱ)(舘村 卓)」(座長、5/30、きたのホール)
  • ・「自然史を変えるクローン病治療」日本消化器病学会北陸支部教育講演会(招聘講演、6/17、富山)
  • ・12th US-Japan GI & Liver Meeting in 21st Century(Discussant、6/22、京都)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」第7回千葉レミケードセミナー(招聘講演、6/28、千葉)
  • ・第3回IBD Seminar(特別ゲストコメンテーター、6/30-7/1、大阪)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」レミケード発売5周年記念講演会(招聘講演、7/14、博多)
  • ・小児クローン病講演会(座長、7/23、大阪)
  • ・北野Biologics Forum(座長、8/11、きたのホール)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」宇和島レミケードセミナー(招聘講演、8/21、愛媛)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」宮崎レミケードクローン病ミーティング(招聘講演、9/7、宮崎)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」Expert Meeting-最新治療を考える(招聘講演、9/11、大津)
  • ・「IBDの最新治療」武田薬品IBD研究会(招聘講演、9/20、大阪)
  • ・GI International Round Table 2007(Advisor、9/27-28、トロント)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」沖縄クローン病インフリキシマブミーティング(招聘講演、10/5、那覇)
  • ・「炎症性腸疾患への新たなプロスタグランディン製剤の治療研究」第11回北野病院研究所セミナー(講演、10/10、きたのホール)
  • ・「大腸IBD2」第49回日本消化器病学会大会(DDW-Japan 2007)(座長、一般演題ポスター、10/19、神戸)
  • ・座談会「クローン病治療におけるInfliximab維持療法の重要性」(コメンテーター、10/21、神戸)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」第6回神奈川クローン病治療研究会(招聘講演、10/26、横浜)
  • ・第3回京都IBD Young Academy(コメンテーター、10/31、京都)
  • ・Z-206第Ⅲ相臨床試験研究会(医学専門家、11/12、東京)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」Infliximab Meeting(招聘講演、11/16、東京)
  • ・NST勉強会「NSTの上手な使い方(山中英治)」(座長、11/21、きたのホール)
  • ・第4回Japan Round Table Discussion on IBD(コメンテーター、11/23、東京)
  • ・第4回日本炎症性腸疾患研究会学術集会「Case Presentation」(ディスカッサント、12/1、東京)
  • ■2008年
  • ・8th Colloquium for the Study of Gastrointestinal Defense System(日本消化器免疫学会サテライトシンポジウム)(ホスト、座長、1/12、北野ホール、大阪)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」唐津クローン病ミーティング(招聘講演、1/18、佐賀)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」クローン病治療を語る会(招聘講演、1/25、長岡、新潟)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」第3回レミケード講演会(招聘講演、1/26、新潟)
  • ・第4回京都IBD Young Academy(コメンテーター、1/30、京都)
  • ・第4回日本消化管学会総会学術集会ワークショップ3「Immunomodulatorによるクローン病治療の新展開」(司会、2/7、大阪)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」三島レミケードセミナー・CD(招聘講演、2/8、三島)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」Infliximab Meeting in Yokote(招聘講演、2/9、横手)
  • ・第3回大阪胃腸病フォーラム(OGIF)「多施設共同研究の報告」(座長、2/29、大阪)
  • ・「レミケードが変えたクローン病治療〜レミケードに対する期待〜」田辺三菱製薬社員決起会(招聘講演、3/15、東京)
  • ・レミケード/クローン病維持療法効能追加記念講演会-クローン病治療医が目指す新たなる治療ステージ(パネリスト、3/15、東京)
  • ・IBD Seminar in Osaka, Keynote Lecture by Professor Takayuki Matsumoto(座長、4/2、大阪)
  • ・IBD Forum in Tokushima, Case Discussion(コメンテーター、4/6、徳島)
  • ・「IBD治療のパラダイム・シフト」第3回筑後IBDを学ぶ会(招聘講演、4/18、久留米)
  • ・第94回日本消化器病学会総会(一般演題座長、5/10、福岡)
  • ・IBD Expert Meeting 「Mucosal Healingとその先を目指したクローン病治療」(Discussant、5/20、San Diego)
  • ・第21回大腸病態治療研究会(当番幹事・司会、6/5、大阪)
  • ・「IBD治療のパラダイム・シフト」クローン病薬物療法セミナー(招聘講演、6/12、掛川)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」クローン病薬物療法セミナー(招聘講演、6/21、高松)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」クローン病の治療を考える会(招聘講演、7/4、東京)
  • ・「クローン病の抗サイトカイン療法」Digestive Disease Osaka Meeting(招聘講演、7/5、大阪)
  • ・「生物学的製剤レミケードの社会的意義・扱う責任-特に難病指定のクローン病を中心に-」 田辺三菱製薬社員研修会(招聘講演、7/17、名張)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」Infliximab Meeting in Tokyo(招聘講演、7/18、東京)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」今治クローンミーティング(招聘講演、8/1、今治)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」Infliximab Meeting in Osaka(招聘講演、9/3、大阪)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」南部地区クローン病研究会(招聘講演、9/4、八戸)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」第1回 Infliximab Users Meeting/Crohn’s Disease(招聘講演、9/5、米子)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」Infliximab User’s Meeting on IBD(招聘講演、9/12、盛岡)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」西胆振IBDカンファレンス(招聘講演、9/19、室蘭)
  • ・GI International Round Table 2008(Advisor、9/24-26、ブダペスト)
  • ・「特別企画 消化器病学会ガイドライン最終報告-炎症性腸疾患-」第50回日本消化器病学会大会(JDDW 2008)(口演、10/1、東京)
  • ・「潰瘍性大腸炎1」第50回日本消化器病学会大会(JDDW 2008)(ポスターセッション座長、10/2、東京)
  • ・「下痢を起こす腸の病気」MMC勉強会(招聘講演、10/4、大阪)
  • ・「栄養療法の意義と課題-アウトカムをいかに出すかの工夫を考える-(天海照祥)」北野NST勉強会(司会、10/8、きたのホール)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」第3回IBDミーティング(招聘講演、10/29、つくば)
  • ・「サイトカインをターゲットとした高いレベルの治療戦略〜進化し続けるクローン病治療を中心に〜」分子標的治療研究会」(招聘講演、10/30、名古屋・藤田保健衛生大学)
  • ・Japan Round Table Discussion on IBD (JRT) (司会、11/1、東京)
  • ・第4回IBD Young Academy(総括、11/5、京都)
  • ・「IBDでのInfliximab治療の新展開-再燃を抑える、QOLを高める-(本谷 聡)」第2回大阪バイオロジックスフォーラム〜抗サイトカイン療法で変貌した炎症性疾患治療〜(座長、11/8、きたのホール)
  • ・田辺三菱製薬100回記念講演(招聘講演、11/11、大阪)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」福島炎症性腸疾患研究会(招聘講演、11/19、福島)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」Infliximab Meeting in 大曲(招聘講演、11/20、秋田・大曲)
  • ・「自然史を変えるクローン病治療」第2回関西消化器・肝疾患懇話会(招聘講演、11/22、大阪)
  • ・「NSTの活動意義と当院における現況-貝原益軒から、アフリカ、そしてNST-(野村秀明)」北野NST勉強会(座長、11/27、きたのホール)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」Infliximab Meeting in Kyoto(招聘講演、12/4、京都)
  • ・「虚血性腎尿細管細胞における細胞間接着装置の変化(塚本達雄)」第19回田附興風会医学研究所セミナー(座長、12/9、きたのホール)
  • ■2009年
  • ・「生物学的製剤レミケードの社会的意義・扱う責任-特に難病指定のクローン病を中心に-」田辺三菱製薬社員研修会(招聘講演、1/21、名張)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」栃木IBD治療ミーティング(招聘講演、1/30、栃木)
  • ・「炎症性腸疾患治療のグローバルスタンダード」IBD市民公開講座(招聘講演、1/31、所沢)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」第186回日本消化器病学会東北支部例会ランチョンセミナー(招聘講演、2/7、仙台)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」IBD conference in AIZU(招聘講演、2/12、会津若松)
  • ・「日本における抗体療法の現状と展望」第5回日本消化管学会総会学術集会ワークショップ10「クローン病に対する抗体療法の進歩-現状と展望-」((招聘講演、2/13、東京)
  • ・「栄養療法の威力を実感したことがありますか?(井上善文)」北野NST勉強会(座長、2/18、きたのホール)
  • ・「分子標的治療薬の新展開-クローン病」TAKEDA GI FORUM 2009(招聘講演、2/21、東京)
  • ・パネルディスカッション「生物学的製剤無効例や効果減弱例への対応」第13回関西腸疾患セミナー(パネリスト、2/24、大阪)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」飯塚地区レミケードミーティング(招聘講演、2/27、飯塚)
  • ・「ガイドラインを活かしたクローン病の適切な治療」クローン病カンファランス(招聘講演、3/7、札幌)
  • ・「IBD治療のグローバル・スタンダード」IBD conference in 相双(招聘講演、3/11、福島)
  • ・「腹部症状を診る 炎症性腸疾患」港区・大正区医師会学術講演会(招聘講演、3/13、大阪)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」南総レミケードミーティング〜粘膜治癒を目指したクローン病治療の最前線〜(招聘講演、3/14、千葉)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」第2回三重県内科IBD勉強会(招聘講演、3/17、津)
  • ・「ガイドラインを活かしたクローン病の適切な治療」第2回炎症性腸疾患研究会(招聘講演、3/19、鳥取)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」学術講演会〜炎症性腸疾患を考える〜(招聘講演、4/24、郡山)
  • ・「IBD研究に必要なこと-臨床研究」第13回IBD若手研究者の会(招聘講演、5/8、札幌)
  • ・第95回日本消化器病学会総会(一般演題「大腸症例IBD-6」座長、5/9、札幌)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」県北IBD治療ミーティング(招聘講演、6/27、栃木県那須塩原市)
  • ・「ガイドラインを活かしたクローン病の適切な治療」第4回炎症性腸疾患勉強会(招聘講演、7/2、京都第一赤十字病院)
  • ・「ガイドラインを活かしたクローン病の適切な治療」十勝IBDユーザーズミーティング(招聘講演、7/11、帯広)
  • ・第1回アサコール・アドバイザリーボード ミーティング(総合司会、7/18、東京)
  • ・「ガイドラインを活かしたクローン病の適切な治療」第5回県北クローン病研究会(招聘講演、7/24、水戸)
  • ・「慢性炎症性免疫疾患における治療進歩と今後の展望」 Discussion『日常臨床において何を目標に治療すべきか?』 IBD最新情報報告会(パネリスト、7/29、東京)
  • ・「ガイドラインを活かしたクローン病の適切な治療」第3回滋賀炎症性腸疾患治療研究会(招聘講演、8/22、草津)
  • ・「生物学的製剤のリスクマネジメント」CRT(招聘講演、8/29、東京)
  • ・「インフリキシマブがもたらしたIBD治療の進化-鈴木康夫」武庫川Biologics Forum(座長、9/1、甲子園)
  • ・GI International Round Table 2009(Advisor、9/30-10/2、ケベック)
  • ・「大腸-症例9」第51回日本消化器病学会大会(JDDW 2009)(ポスターセッション座長、10/15、京都)
  • ・第2回アサコール・アドバイザリーボード ミーティング(ディスカッサント、10/17、京都)
  • ・「レミケード使用における当院の取り組み」抗TNF-α治療法セミナー(招聘講演、10/21、東京)
  • ・「アサコール座談会(ディスカッサント、10/29、東京)
  • ・第16回大阪クローン病治療研究会(当番幹事・座長、10/30、大阪)
  • ・「新規メサラジン製剤の潰瘍性大腸炎に対する治療効果」第64回日本大腸肛門病学会ランチョンセミナー「潰瘍性大腸炎の内科的治療最前線」(招聘講演、11/7、福岡)
  • ・第1回アダリムマブ・アドバイザリーボードミーティング(ディスカッサント、11/7、福岡)
  • ・IBD Biologics Seminar in Osaka (ディスカッサント、11/10、大阪)
  • ・「当院におけるクローン病治療の現状〜IBD診療マニュアル-蘆田知史」第3回大阪バイオロジックフォーラム〜抗サイトカイン療法で変貌した炎症性疾患治療〜(座長、11/14、きたのホール)
  • ・「Certolizumab pegol is effective at inducing and maintaining response and remission in Japanese patients with Crohn’s disease: results from induction and maintenance studies-Ogata H, Ito H, Takazoe M, Suzuki Y, Matsumoto T, Hirata I, Matsui T, Hibi T」UEGW 2009(ポスター発表、11/23、ロンドン)
  • ・Japan Round Table Discussion on IBD (JRT) (モジュレーター、12/5、東京)
  • ・IBD Young Academy(コメンテーター、12/10、京都)
  • ・「ガイドラインを活かしたクローン病の適切な治療」筑後消化器内科セミナー(招聘講演、12/18、久留米)
  • ・「レミケード使用における当院の取り組み」名古屋皮膚科セミナー(招聘講演、12/25、名古屋)
  • ■2010年
  • ・GCAP, Japan West 2010 CDセッション(座長、1/16、沖縄)
  • ・「レミケード使用における当院の取り組み」抗TNFα治療法セミナー(招聘講演、1/28、福島)
  • ・「ガイドラインを活かしたクローン病の適切な治療」IBDフォーラムIN函館(招聘講演、1/29、函館)
  • ・「ガイドラインを活かしたクローン病の適切な治療」第1回長崎IBD治療研究会(招聘講演、2/1、長崎)
  • ・「ガイドラインを活かしたクローン病の適切な治療」Crohn’s Disease Seminar in松山(招聘講演、2/5、松山)
  • ・第3回アサコール・アドバイザリーボード ミーティング(司会、2/6、東京)
  • ・「抗サイトカイン療法で進化したクローン病治療」第13回京都免疫ワークショップ(講演、2/13、きたのホール)
  • ・NST勉強会「褥瘡患者の栄養管理」(阪和第一泉北病院副院長美濃良夫先生)(座長、2/17、きたのホール)
  • ・「クローン病に対する分子標的治療」第6回日本消化管学会ワークショップ9(座長、2/19、福岡)
  • ・Adalimumab-Advisory Board Meeting(ディスカッサント、2/19、福岡)
  • ・大阪IBD Research Conference (OIRC) 特別講演「プロテオームを用いた新規バイオマーカーの検索」(仲 哲治)(司会、2/24、大阪)
  • ・特別講演1「アサコール錠400mg国内第Ⅲ相臨床試験成績(寛解導入・寛解維持)」アサコール新発売記念講演会(招聘講演、2/27、東京)
  • ・「ガイドラインを活かしたクローン病の適切な治療」内房IBDセミナー(招聘講演、3/3、市原)
  • ・「ガイドラインを活かしたクローン病の適切な治療」Crohn’s Disease Infliximab Meeting(招聘講演、3/5、釧路)
  • ・「レミケード治療の実際〜他領域の経験より〜」レミケード乾癬効能追加記念講演会『〜乾癬治療における新時代の幕開け〜』(招聘講演、3/27、東京)
  • ・「Infliximab使用における当院の取り組み〜クローン病領域から〜」日本眼科学会ランチョンセミナー『Infliximab治療を紐解く-クローン病からベーチェット病へ-』(招聘講演、4/16、名古屋)
  • ・第96回日本消化器病学会総会 一般口演「IBD臨床-2」(座長、4/22、新潟)
  • ・「潰瘍性大腸炎の新たな治療戦略」第96回日本消化器病学会総会ランチョンセミナー『潰瘍性大腸炎治療の夜明け-診断と治療の最新動向-』(招聘講演、4/22、新潟)
  • ・ “A direct comparative study of two different mesalamine formulations revealed appropriate use of mesalamine for patients with active ulcerative colitis depending on the characteristics of disease” DDW2010(ポスター発表、5/2、ニューオーリンズ)
  • ・“Current Options for the Medical Therapy of Inflammatory Bowel Diseases in Japan” Japan-American IBD Conference 2010(座長、5/11、大阪)
  • ・「ガイドラインを活かしたクローン病の適切な治療」鹿児島ユーザーズミーティング(招聘講演、5/21、鹿児島)
  • ・「ガイドラインを活かしたクローン病の適切な治療」第3回IBD治療ネットワーク(招聘講演、5/25、仙台)
  • ・「潰瘍性大腸炎治療の実際と今後の展望」田辺三菱製薬(株)IBDプロジェクト会議(招聘講演、6/15、大阪)
  • ・UC Expert Seminar in Osaka(ディスカッサント、6/22、大阪)
  • ・Japan Round Table Discussion on IBD (JRT) 2010(コメンテーター、7/3、東京)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」Biologics Meeting on IBD 〜インフリキシマブの可能性を考える〜(招聘講演、7/15、高知)
  • ・「レミケード治療の実際〜他領域の経験より〜」大阪東部乾癬フォーラム 〜乾癬治療の新しい治療について〜 特別講演Ⅰ(招聘講演、7/17、大阪)
  • ・IBD最新情報報告会「潰瘍性大腸炎治療における生物学的製剤の最適な使用法とは」(ディスカッサント、7/28、東京)
  • ・第3回アダリムマブ・アドバイザリーボードミーティング(ディスカッサント、7/30、東京)
  • ・「炎症性疾患のインフュージョン治療」第6回住吉病診連携カンファレンス(招聘講演、8/21、大阪)
  • ・「レミケード治療の実際〜他領域の経験より〜」大阪乾癬Infliximab Meeting(招聘講演、8/27、大阪)
  • ・レミケード潰瘍性大腸炎効能追加記念講演会(総合司会、9/3、大阪)
  • ・「潰瘍性大腸炎における生物学的製剤(レミケード)の有用性」千葉UCセミナー(招聘講演・ディスカッサー、9/11、千葉)
  • ・「レミケード使用における当院の取り組み」第2回福岡乾癬薬物治療フォーラム(招聘講演、9/17、福岡)
  • ・「難病の自然史を変える」平成22年度財団法人大阪難病研究財団・財団法人阪本精神病理学研究所「医学研究助成金・精神病理学研究助成金」合同贈呈式特別講演(講演、9/28、大阪)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」IBD Clinical Seminar 2010(招聘講演、9/30、広島)
  • ・「クローン病とは?」第1回エーザイ社内勉強会(招聘講演、10/6、大阪)
  • ・Z206クローン病治験プロトコール検討会(医学専門家、10/7、東京)
  • ・第4回アダリムマブ・アドバイザリーボードミーティング(ディスカッサント、10/15、横浜)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」第3回播磨IBDセミナー(招聘講演、10/21、姫路)
  • ・「IBDに関する基礎知識と臨床における最近の話題」ミヤリサン製薬社内講演会(招聘講演、10/28、大阪)
  • ・「生物製剤を用いたIBDの治療」第30回群馬県大腸疾患研究会(招聘講演、10/30、群馬)
  • ・「潰瘍性大腸炎とアサコールの役割」Medical Tribune アサコール座談会(司会、11/1、大阪)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」第1回信州Bio Forum(招聘講演、11/5、松本)
  • ・「クローン病の治療」第2回エーザイ社内勉強会(招聘講演、11/9、大阪)
  • ・「専門施設としての潰瘍性大腸炎治療の実際」日経健康セミナー21「今、増え続ける潰瘍性大腸炎」(招聘講演、11/12、東京)
  • ・「炎症性疾患のインフュージョン治療」第4回大阪バイオロジックスフォーラム(招聘講演、11/13、きたのホール)
  • ・「潰瘍性大腸炎の新たな治療戦略」沖縄アサコール発売一周年記念講演会(招聘講演、11/18、那覇)
  • ・“Biological Therapy at Kinshukai Infusion Clinic” in Session 5 “Biological Therapy in CD” of The Kinshukai International Symposium-Inflammatory Bowel Disease: Science, safety and clinical care in IBD (講演、11/20、大阪)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」第3回新居浜クローン病懇話会(招聘講演、11/25、新居浜)
  • ・「潰瘍性大腸炎における生物学的製剤の有用性」Ulcerative Colitis Conference(招聘講演、11/30、小倉)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」上越IBD学術講演会(招聘講演、12/1、上越)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」大館・鹿角地区IBD学術講演会(招聘講演、12/7、大館)
  • ・6th IBD Young Academy(総括、12/9、京都)
  • ・「炎症性腸疾患の抗体治療」INSPIRE〜第3回炎症関連疾患を考える若手研究会〜(招聘講演、12/10、大阪)
  • ・「専門施設としての抗TNF-α療法の実際」よみうり・健康づくり市民講座「ここまで進んだ関節リウマチ治療-新しい治療でいきいきとした生活を!-」(講演、12/19、大阪)
  • ■2011年
  • ・第5回アダリムマブ・アドバイザリーボードミーティング(ディスカッサント、1/8、大阪)
  • ・「潰瘍性大腸炎を考える」アサコール発売1周年記念講演会(司会・座長、1/15、大阪)
  • ・“Biologic therapy for UC at Infusion Clinic” UC Expert Meeting in Osaka (招聘講演、1/24、大阪)
  • ・「炎症性腸疾患診療における病診連携」日本消化器病学会雑誌座談会(ディスカッサント、1/26、東京)
  • ・「IBD治療の最前線」第13回大阪消化器病フォーラム(招聘講演、1/29、大阪)
  • ・ヒュミラ・クローン病適応追加記念講演会(パネリスト、1/30、東京)
  • ・関西ヒュミラエキスパートミーティング(司会、2/1、京都)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」第2回東都腸疾患フォーラム(招聘講演、2/3、東京)
  • ・「進化したIBD治療」平成消化器懇話会(招聘講演、2/10、東京)
  • ・第7回日本消化管病学会総会 一般演題3「Inflammatory Track 1」(座長、2/18、京都)
  • ・第7回日本消化管病学会総会 ポスターセッション21「Inflammatory Track 1」(コメンテーター、2/18、京都)
  • ・「潰瘍性大腸炎における生物学的製剤の有用性」筑豊地区レミケードUsers’ Meeting (招聘講演、2/22、飯塚)
  • ・「潰瘍性大腸炎の新たな治療戦略」第3回山口DDS研究会(アサコール発売1周年特別記念講演会(招聘講演、3/16、山口)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」Infliximab治療を考える会(招聘講演、4/14、熊本)
  • ・“Anti TNF therapy in ulcerative colitis: identifying the right patients and treatment strategy” (Guest speaker: van Assche Gert, University of Leuven) UC Expert Meeting in Chicago(座談会ディスカッサント、5/8、シカゴ)
  • ・ミニシンポジウム「大腸IBD臨床3」第97回日本消化器病学会総会(座長、5/13、東京)
  • ・ランチョンセミナー10テーマ:潰瘍性大腸炎に対するBiologics治療の夜明け-最適な使用法確立を目指して-「当院における潰瘍性大腸炎に対するBiologics治療の有用性-ステロイド依存例を中心に-」第97回日本消化器病学会総会(招聘講演、5/14、東京)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」上本町IBDミーティング(招聘講演、5/25、大阪)
  • ・「Bio投与中に妊娠・・・Bioは継続?中止?」ヒュミラ ユーザーズミーティング(第一部座長・第二部招聘講演、5/27、大阪)
  • ・「米国におけるIBD治療の現状〜生物学的製剤を中心とした具体的な治療〜(Dr. Seiji Kitagawa)」Inflammatory Bowel Disease Meeting(座長、6/6、大阪)
  • ・「進化しつづける炎症性腸疾患治療」第31回消化器系疾患研究会(招聘講演、6/11、大阪)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」第11回IBDフォーラムin札幌(招聘講演、6/25、札幌)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」静岡IBDセミナー(招聘講演、6/29、静岡)
  • ・「レミケードに期待するクローン病治療」田辺三菱製薬株式会社大阪支店 外部講師勉強会(招聘講演、7/6、大阪)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」吹田Infliximab Meeting〜潰瘍性大腸炎治療を考える〜(招聘講演、7/15、大阪)
  • ・IBD ahead 2011国内会議(ステアリングコミッティ、スーパーバイザー、7/23、東京)
  • ・Infliximab Advisory Board Meeting(ディスカッサント、8/4、大阪)
  • ・アボットジャパン・エーザイ「IBD治療に関する勉強会」(アドバイザー、8/8、大阪)
  • ・「IBD治療のグローバルスタンダード」IBD Round Meeting(招聘講演、8/24、豊橋)
  • ・Japan Round Table Discussion on IBD (JRT) 2011(コメンテーター、9/3、東京)
  • ・5th Annual IBD ahead(ディスカッサント、9/23-24、Dusseldorf、Germany)
  • ・“Optimizing treatment strategies in IBD” (Guest speaker, IBD Dinner Symposium 2011, 9/29 in Tainan City and 9/30 in Taichung City, Taiwan)
  • ・“How to avoid malpractice and deal with difficult IBD cases” (Guest speaker, IBD Update 2011, 10/1, Taipei City, Taiwan)
  • ・レミケード・クローン病学術講演会~The Next Era of CD Management~パネルディスカッション「クローン病治療におけるTight Controlを考える」(パネリスト、10/15、東京)
  • ・「インフリキシマブ維持投与クローン病患者206例の投与間隔短縮要因についての検討」有光晶子、伊藤裕章 JDDW2011(一般演題(ポスター)消P-267 「クローン病-大腸2」、10/20、福岡)
  • ・「インフリキシマブ治療中のクローン病患者におけるアダリムマブスイッチ投与の有効性・安全性」伊藤裕章、有光晶子 JDDW2011(一般演題(ポスター)消P-275 「クローン病-大腸3」、10/20、福岡)
  • ・「進化し続けるクローン病治療」第2回IBDフォーラム(招聘講演、11/5、青森)
  • ・「進化し続けるIBD治療」Infliximab Update Meeting-今後のIBD治療を考えるー(招聘講演、11/8、高松)
  • ・「進化し続けるIBD治療」徳島IBD懇話会(招聘講演、11/16、徳島)
  • ・第19回大阪クローン病治療研究会「クローン病におけるBiologics治療の最適化」蘆田知史(座長、11/18、大阪)
  • ・「進化し続けるIBD治療」東濃IBD治療懇話会(招聘講演、11/22、岐阜)
  • ・「生物学的製剤を用いた治療の実際〜他領域の経験より〜」第95回兵庫県皮膚科医会総会・学術集談会(招聘講演、11/26、神戸)
  • ・市民公開講座「進歩する潰瘍性大腸炎治療」潰瘍性大腸炎治療における外来専門施設の取り組み〜身近に受けられる最新治療(招聘講演、11/27、大阪)
  • ■2012年
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」第4回南加賀IBDカンファレンス(招聘講演、1/17、石川県小松市)
  • ・「進化し続けるクローン病治療」第7回県北クローン病研究会(招聘講演、1/24、水戸)
  • ・阪神Biologics Forum(特別講演座長、2/3、大阪)
  • ・Sustained Deep Remission Expert Seminar(座長、2/4、東京)
  • ・第19回関西腸疾患セミナー「新規承認薬により治療がどのように変わったか?」(当番世話人・座長、2/24、大阪)
  • ・大阪ヒュミラ・ユーザーズミーティング「クローン病の術後再発について(根津理一郎)」(座長、3/8、大阪)
  • ・「進化し続けるIBD治療」西三河IBDセミナー(招聘講演、3/10、愛知)
  • ・「進化し続けるIBD治療」城東Infliximab IBD Meeting(招聘講演、3/16、東京)
  • ・「進化し続けるクローン病治療」北摂Infliximab Meeting(招聘講演、3/23、吹田)
  • ・「進化し続けるIBD治療」但馬IBDセミナー(招聘講演、3/29、豊岡)
  • ・「当院におけるインフリキシマブ増量投与症例の検討」有光晶子、伊藤裕章 第98回日本消化器病学会総会(口演 小腸 IBD・生物学的製剤、4/19、東京)
  • ・第98回日本消化器病学会総会(ディスカッサー、口演 大腸11 IBD・クローン病、4/21、東京)
  • ・「クローン病・潰瘍性大腸炎」エーザイ社内勉強会(招聘講演、5/28、大阪)
  • ・「炎症性腸疾患の最新治療」第26回南大阪消化器病懇話会(招聘講演、6/1、堺)
  • ・「進化し続けるIBD治療」第4回日立クローン病セミナー(招聘講演、6/5、日立)
  • ・「進化し続けるIBD治療」第14回IBD治療研究会(招聘講演、6/8、名古屋)
  • ・「進化し続けるIBD治療」Infliximab IBD Meeting(招聘講演、6/13、大阪)
  • ・24th ECCO Educational Workshop、Session III: ECCO Consensus: Clinical Dilemmas、Case 6: Acute severe colitis(Speaker、6/17、東京)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」Ulcerative Colitis Infliximab Meeitng(招聘講演、6/22、大阪)
  • ・九州エリア潰瘍性大腸炎治療座談会「潰瘍性大腸炎に対する最適なBiologics製剤の使用法」(コメンテーター、6/30、博多)
  • ・「クローン病の診断と最新治療」Given Imaging社内勉強会(招聘講演、7/2、大阪)
  • ・「進化し続けるIBD治療」沼津IBD治療セミナー(招聘講演、7/5、沼津)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」高知Biologics Meeting on UC(招聘講演、7/13、大阪)
  • ・「進化し続けるIBD治療」南大阪IBDヤングミーティング(招聘講演、7/20、大阪)
  • ・「潰瘍性大腸炎の新たな治療戦略」堺消化器病学術講演会(招聘講演、7/28、堺)
  • ・「潰瘍性大腸炎〜疾患の理解と療養生活について〜」大阪府茨木保健所特定疾患講演会(招聘講演、8/24、茨木)
  • ・「進化し続けるIBD治療」第2回松阪IBDミーティング(招聘講演、9/13、松阪)
  • ・「潰瘍性大腸炎における抗TNF治療」Japan Round Table Discussion on IBD (JRT) 2012(ディスカッサント、9/22、東京)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」Ulcerative Colitis Infliximab Meeting(招聘講演、9/26、日本赤十字社和歌山医療センター)
  • ・「炎症性腸疾患の分子標的治療」第22回日本脊椎関節炎学会・スポンサードシンポジウム(招聘講演、9/29、大阪)
  • ・「進歩し続けるインフリキシマブによるクローン病治療〜新たなる治療コンセプト「Tight Control」の実践〜」第20回日本消化器関連学会週間(JDDW 2012 Kobe)・ランチョンセミナー7 The Next Era of Infliximab Therapy on CD(招聘講演、10/10、神戸)
  • ・「大腸(潰瘍性大腸炎)3」JDDW 2012 Kobe、第54回日本消化器病学会大会(一般演題・座長、10/11、神戸)
  • ・「進化し続けるIBD治療」第2回北播磨IBD治療Meeting(招聘講演、10/25、西脇市)
  • ・The 2nd Kinshukai International Symposium、Session 5: “Immunomodulators and biologics” and special lecture “Global epidemiology of IBD” by Vatn MH(Chairman、10/27、Osaka)
  • ・Ulcerative Colitis Advisory Meeting(アドバイザー、11/19、大阪)
  • ・「レミケードの投与マネジメント〜他領域の経験から〜」Psoriasis Academy Round Table discussion (PART) 2012 Extra-round、Keynote Lecture(招聘講演、11/23、東京)
  • ・「進化し続けるIBD治療」第2回東予IBD研究会(招聘講演、11/28、新居浜)
  • ・「進化し続けるクローン病治療」IBDフォーラムー東邦大学医療センター佐倉病院レミケードCD300例記念ー(招聘講演、11/30、幕張)
  • ・「血球成分除去療法の現状(澤田康史)」大阪市IBD診診連携の会(座長、12/1、大阪)
  • ・7th IBD Young Academy(コメンテーター、12/6、京都)
  • ・「ワンランク上を目指した潰瘍性大腸炎の治療戦略〜Infliximabの適応と有効性について〜(吉村直樹)」Infliximab UC Meeting(座長、12/11、大阪)
  • ・「治療に難渋した潰瘍性大腸炎の一例」Infliximab UC Meeting 症例検討・Discussion(司会、12/11、大阪)
  • ・「クローン病治療に残された課題とその解決策」レミケード/IBD学術講演会〜本邦における10年の軌跡と新たなる挑戦〜第Ⅰ部クローン病に挑む(招聘講演、12/15、東京)
  • ■2013年
  • ・「進化し続けるIBD治療」IBDミーティングin 堺(招聘講演、1/11、堺)
  • ・「炎症性腸疾患の診断と治療」第36回皮膚脈管膠原病研究会ランチョンセミナー2-2(招聘講演、1/26、千里中央)
  • ・「進化し続けるIBD治療」潰瘍性大腸炎におけるInfliximab治療を考える会(招聘講演、1/31、東京)
  • ・「進化し続けるIBD治療」レミケード講演会(招聘講演、2/2、高山)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」レミケードUC講演会(招聘講演、2/7、東京)
  • ・症例検討セッション テーマ「粘膜治癒を目指して、この症例をどう治療しますか?」アサコール錠400mg発売3周年記念講演会(座長、2/9、東京)
  • ・「炎症性腸疾患に対するアフェレシス療法」第31回日本アフェレシス学会関西地方会パネルディスカッション「アフェレシス療法適応疾患の多様性-アップデートと今後の展望ー(講演、2/16、京都)
  • ・「進化し続けるIBD治療」炎症性腸疾患講演会(招聘講演、2/22、盛岡)
  • ・「進化し続けるIBD治療」IBD Meeting in Asahikawa(招聘講演、2/28、旭川)
  • ・IBD AHEADコンセンサスミーティング(チェアマン、3/2、大阪)
  • ・「進化し続けるIBD治療」第3回IBD Clinical Seminar(招聘講演、3/8、大分)
  • ・「潰瘍性大腸炎を考えるーアサコール発売3周年記念講演会ー(一般演題座長、3/9、大阪)
  • ・「進化し続けるIBD治療」第2回Infliximab Seminar for YOUNG―難治性IBDを考えるー(招聘講演、3/14、東京)
  • ・「進化し続けるIBD治療」炎症性腸疾患におけるInfliximab治療を考える会(招聘講演、3/26、札幌)
  • ・「進化し続けるIBD治療」中河内IBD Meeting(招聘講演、4/13、大阪)
  • ・「外来でレミケード治療を適切に行うために〜UC診療に求められるもの〜」2013年度上期 田辺三菱製薬大阪支店合同会議 外部講師勉強会(招聘講演、4/17、大阪)
  • ・「炎症性腸疾患とはどんな病気か?そして私たちは何をしようとしているのか?」KIC勉強会(講演、4/20、大阪)
  • ・「粘膜治癒を目指したクローン病治療とカプセル内視鏡の意義」GIVEN勉強会(招聘講演、6/8、大阪)
  • ・「炎症性腸疾患の革命的治療レミケード」2013年度田辺三菱製薬新入社員研修(招聘講演、6/20、大阪)
  • ・うめきたBiologics Forum on IBD(総合司会・座長、6/22、大阪)
  • ・「腸管型ベーチェット病・潰瘍性大腸炎ー診断と治療」HUMIRA社外講師招聘勉強会(招聘講演、6/27、大阪)
  • ・第1部:講演「ステロイド依存例が中心の外来治療に対するBiologics治療」(招聘講演)、第2部:専門医に聞く「より最適な潰瘍性大腸炎治療の実践に向けて」(回答者)、第3部:症例検討「ステロイド難治UC患者に対する治療戦略」(コメンテーター)Clinical Practice Seminar on UC(7/6、東京)
  • ・Japan Round Table Discussion on IBD (JRT) 2013(ディスカッサント、8/24、東京)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」Infliximab Web Meeting(招聘講演・コメンテーター、9/9、大阪)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」IBD治療セミナー in Nagano(招聘講演、9/12、長野)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」Infliximab Meeting in さいたま〜潰瘍性大腸炎の治療について考える〜(招聘講演、9/27、大宮)
  • ・「コンセンサスを導く為の徹底討論!潰瘍性大腸炎に対しインフリキシマブはいつ?どの様な患者さんに?どのように使用すべきか?」JDDW2013サテライトシンポジウム94(座長、10/11、東京)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」IBDフォーラム(招聘講演、10/25、名古屋)
  • ・第1部:講演「ステロイド依存例が中心の外来治療に対するBiologics治療」(招聘講演)、第2部:専門医に聞く「より最適な潰瘍性大腸炎治療の実践に向けて」(回答者)、第3部:症例検討「ステロイド難治UC患者に対する治療戦略」(コメンテーター)Clinical Practice Seminar on UC(11/9、東京)
  • ・「進化し続けるIBD治療」レミケード関節リウマチ効能追加10周年記念講演会(沖縄)(招聘講演、11/19、那覇)
  • ・「IBDの基本治療の最適化と最新の知見」Meet the IBD Expert大阪ーOptimize the Conventional Therapy(招聘講演、11/29、大阪)
  • ・「進化し続けるIBD治療」OSAKA IBD Young Meeting(招聘講演、12/4、大阪)
  • ・「潰瘍性大腸炎治療を考える」第41回日本潰瘍学会スポンサードシンポジウム「潰瘍治癒を考える:from Esophagus to Colon」(招聘講演、12/6、大阪)
  • ・8th IBD Young Academy(コメンテーター、12/12、京都)
  • ■2014年
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」山梨炎症性腸疾患セミナー(招聘講演、1/16、甲府)
  • ・「より多くの潰瘍性大腸炎患者さんのQOL向上のために」〜ステロイド依存例を中心に〜 UC座談会(ゲスト・ディスカッサント、1/27、広島)
  • ・「レミケードの投与マネジメント〜他領域の経験から〜」Psoriasis Academy Round Table (PART) discussion(招聘講演、2/8、東京)
  • ・「実臨床に役立つ潰瘍性大腸炎診療のエッセンス」講演①潰瘍性大腸炎の診断と治療〜最新の治療指針を読み込む〜」(座長、演者:鈴木康夫)、講演②外来で実践する潰瘍性大腸炎の最新治療」(招聘講演)大腸疾患up-to-dateセミナー(2/15、東京)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」北神IBDカンファレンス(招聘講演、3/6、三田)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」IBDミーティングin室蘭(招聘講演、3/18、室蘭)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」第14回北九州炎症性腸疾患懇話会(招聘講演、4/8、小倉)
  • ・「炎症性腸疾患の革命的治療レミケード」2014年度田辺三菱製薬新入社員研修(招聘講演、6/12、大阪)
  • ・「実臨床に役立つ潰瘍性大腸炎診療のエッセンス」講演①「潰瘍性大腸炎の診断と治療〜基本から応用へ〜」(座長、演者:鈴木康夫)、講演②「外来で実践する潰瘍性大腸炎の最新治療」(招聘講演)大腸疾患up-to-dateセミナー(6/28、東京)
  • ・「難治性潰瘍性大腸炎に対するインフリキシマブ治療戦略」日本消化器病学会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会ランチョンセミナー10(招聘講演、7/4、福岡)
  • ・第1部:講演「ステロイド依存例が中心の外来治療に対するBiologics治療」(招聘講演)、第2部:専門医に聞く「より最適な潰瘍性大腸炎治療の実践に向けて」(回答者)、第3部:症例検討「ステロイド難治UC患者に対する治療戦略」(コメンテーター)Clinical Practice Seminar on UC(7/12、東京)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるステロイドの適正使用」田辺三菱製薬株式会社提供座談会(司会、7/28、グランフロント大阪ナレッジサロン)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」潰瘍性大腸炎治療を考える会(招聘講演、8/8、横須賀)
  • ・第1部Keynote Lecture「Biologics時代における目指すべきIBDチーム治療」(招聘講演)、第2部Discussion(司会)IBDチーム医療を考える会(8/30、大阪)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」伊勢IBDセミナー(招聘講演、9/4、伊勢)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるinfliximabの有用性」OSAKA IBD Young Meeting(症例検討コメンテーター・招聘講演、9/10、大阪)
  • ・Japan Round Table Discussion on IBD (JRT) 2014(Discussant、9/13、東京)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるレミケードの有用性」第6回IBDセミナーin能登(招聘講演、9/16、石川)
  • ・「潰瘍性大腸炎におけるInfliximabの有用性」Infliximab TV Meeting(招聘講演、9/24、大阪)
  • ・「潰瘍性大腸炎の治療を振り返り今後を考える」第2回IBD Expert Meeting(招聘講演、10/10、大阪)
  • ・「潰瘍性大腸炎の長期寛解維持のために:〜粘膜治癒を目指した5-ASA optimization〜」JDDW2014KOBEランチョンセミナー66(座長、10/26、神戸)
  • ・Infliximab Seminar(コメンテーター、11/12、大阪)
  • ・四国版・潰瘍性大腸炎座談会「潰瘍性大腸炎患者さんのQOL向上を目指した治療戦略~ステロイドフリー寛解の実践~」(Guest Discussant、11/15、大阪)
  • ・実地医家Bioセミナー in IBD 基調講演3「生物学的製剤の安全性と呼吸器感染症の留意点(演者:渡辺彰)」(座長、12/7、大阪)
  • ・大阪クローン病治療研究会(当番世話人・座長、12/12、大阪)
  • ■2015年
  • ・ヒュミラIBDナースセミナー(総合司会、1/24、グランフロント大阪ナレッジキャピトル)
  • ・「ステロイド依存例が中心の外来治療におけるBiologics治療」今こそ考えよう、より良い潰瘍性大腸炎の診療~ステロイド依存例を生まないためには?~(招聘講演・コメンテーター、1/28、横浜)
  • ・「外来で実践するIBDの最新治療」沼津IBD治療セミナー(招聘講演、2/4、三島)
  • ・「外来で実践する潰瘍性大腸炎治療の最新情報」県央炎症性腸疾患セミナー(招聘講演、2/5、新潟県燕市)
  • ・「クローン病治療の昨日・今日・明日」第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会・ためになる講演(招聘講演、2/13、神戸)
  • ・「外来で実践するIBDの最新治療」熊本IBDナースセミナー(招聘講演、2/14、熊本)
  • ・「外来で実践する潰瘍性大腸炎治療の最新情報」大腸疾患UP to DATE~潰瘍性大腸炎診療の基礎~(招聘講演、2/19、高知)
  • ・「外来で実践する潰瘍性大腸炎治療の最新情報」Biologics Expert Seminar in IBD(招聘講演、2/26、群馬)
  • ・「外来で実践する潰瘍性大腸炎治療の最新情報」大腸疾患up-to-dateセミナー(招聘講演・座長、2/28、東京)
  • ・「外来で実践するIBDの最新治療」Osaka IBD town meeting(招聘講演、3/7、大阪)
  • ・「外来で実践する潰瘍性大腸炎の最新治療」南部地区UC治療を考える会~IFXにおける治療検討会~(招聘講演、3/12、沖縄)
  • ・「チーム医療を考える~クローン病・潰瘍性大腸炎の現状から~」第10回HIP研究会関西支部例会(招聘講演、3/15、大阪)
  • ・「潰瘍性大腸炎の治療を振り返り今後を考える」IBD地域医療連携フォーラム2015(招聘講演、3/26、守口)
  • ・「外来で実践する潰瘍性大腸炎治療の最新情報」第7回南加賀IBDカンファレンス(招聘講演、4/1、小松)
  • ・「岸本先生と私」JIMRO社内講演会(招聘講演、4/6、大阪)
  • ・「内科的治療について」第3回IBD EXPERT MEETING UC治療の最前線(招聘講演・座長、4/9、大阪)
  • ・「外来で実践するIBDの最新治療」IBD治療懇話会(招聘講演、4/17、浜松)
  • ・「インフュージョンクリニックでのIBD治療について」(講演、4/20、グランフロント大阪・ナレッジサロン)
  • ・「潰瘍性大腸炎の治療を振り返り今後を考える」アッビー社内研修(招聘講演、4/21、東京)
  • ・「これからのIBD治療について」田辺三菱製薬社内講演会(招聘講演、5/15、大阪)
  • ・「進化し続けるIBD治療」筑後IBD Meeting(招聘講演、6/2、久留米)
  • ・「炎症性腸疾患の革命的治療レミケード」2015年度田辺三菱製薬新入社員研修(招聘講演、6/3、大阪)
  • ・「Introduction to Bioprocessing and Biologic Medicines」(Final wrap up、6/8-9、National Institute for Bioprocessing Research and Training Dublin Ireland)
  • ・「一人で悩まないで、クローン病とともに生きる」堺市難病支援センター学習会(招聘講演、6/21、堺)
  • ・「潰瘍性大腸炎の治療を振り返り今後を考える」エーザイ・レクチャーミーティング(招聘講演、6/25、大阪)
  • ・「外来で実践するIBDの最新治療」日胆IBD研究会(招聘講演、7/3、苫小牧)
  • ・「外来で実践する潰瘍性大腸炎治療の最新情報」UC TV Seminar in SHIKOKU(招聘講演、7/10、高松)
  • ・「本物のHPN(井上善文)、IBDに対する外科治療ー適応と標準術式ー(根津理一郎)」インフュージョンクリニック開院5周年記念講演会(座長、7/18、グランフロント大阪ナレッジサロン)
  • ・「IBD治療を振り返り今後を考える」ヤンセンファーマ(株)メディカルアフェアーズ本部IBD社内講演会(招聘講演、8/6、東京)
  • ・「講演:新難病制度で改めて見なおす、医療費と効果を考慮したUC治療(国崎玲子)」アサコール錠400mg発売5周年記念全国講演会(座長、8/8、東京)
  • ・「外来で実践する潰瘍性大腸炎の最新治療」徳島講演(招聘講演、8/24、徳島)
  • ・「バイオ医薬品の現状と課題、IBD専門医の観点から」アッビー社内講演会アイルランド帰国報告講演(招聘講演、8/28、東京)
  • ・「潰瘍性大腸炎~病気の理解と療養生活について~」吹田市保健所潰瘍性大腸炎講演会(招聘講演、8/31、吹田)
  • ・「進化し続けるIBD治療」炎症性腸疾患講演会(招聘講演、9/1、横須賀)
  • ・「UCにおけるBiologicsのポジショニング~いつ、どんな患者さんに使用すべきか~」UC Clinical Seminar(招聘講演、9/9、京都)
  • ・レミケード潰瘍性大腸炎効能追加5周年記念講演会~ステロイド離脱寛解・維持を如何にして実現するか~UC治療の過去・現在・未来(パネルディスカッション「ステロイド離脱寛解とその維持を目指した治療戦略」、司会、10/3、大阪)
  • ・「バイオ医薬品の現状と課題」Infliximab Advisory Board Meeting(招聘講演、10/28、田辺三菱製薬大阪支店)
  • ・「外来で実践する潰瘍性大腸炎におけるinfliximabの有用性」レミケード潰瘍性大腸炎効能追加5周年記念講演会(招聘講演)、ディスカッション「ステロイド依存性潰瘍性大腸炎に対する最適な治療とは?」コメンテーター、11/21、千葉)
  • ・第2回実地医家Bioセミナー in IBD 講演3「UCにおけるBio治療のUp to Dateと使用のポイント(演者:中村志郎)」(座長、11/29、大阪)
  • ■2016年
  • ・「消化器疾患最新の話題について」味の素製薬社内研修会(コメンテーター、1/18、味の素グループ大阪ビル、大阪)
  • ・「バイオ医薬品の現状と課題」田辺三菱製薬大阪支店講演(招聘講演、1/25、田辺三菱製薬大阪支店)
  • ・「実臨床に役立つ潰瘍性大腸炎診療のエッセンス」講演①「潰瘍性大腸炎の診断と治療~基本から応用へ~」(座長、演者:鈴木康夫)、講演②「外来で実践する潰瘍性大腸炎の最新治療」(招聘講演)大腸疾患クリニカルセミナー(招聘講演・座長、2/6、三菱開東閣、東京)
  • ・「IBD患者の外来管理についてー自己注射管理を中心にー」IBDメディカルスタッフ教育セミナーin大阪・ランチョンセミナー(招聘講演、2/14、グランフロント大阪ナレッジキャピタル)
  • ・「クローン病 その疾患概念と治療」武田薬品工業社内講演(招聘講演、2/25、武田薬品工業本社ビル、大阪)
  • ・「クローン病の治療」エーザイMR研修会(招聘講演、3/7、エーザイ大阪コミュニケーションオフィス)
  • ・「外来で実践する潰瘍性大腸炎におけるinfliximabの有用性」岡崎医師会内科医会(招聘講演、3/11、岡崎)
  • ・「外来で実践する潰瘍性大腸炎の最新治療」第7回東北信IBD治療セミナー(招聘講演、4/1、長野市)
  • ・「外来で実践する潰瘍性大腸炎の最新治療」第6回Infliximab Seminar(招聘講演、4/7、広島)
  • ・「IBD治療を塗り変えた薬『レミケード』」2016年度田辺三菱製薬(株)新入社員研修(招聘講演、5/18、クロスウェーブ梅田、大阪)
  • ・「米国におけるIBD治療の現状~生物学的製剤を中心とした具体的治療~(演者:Seiji Kitagawa)」Remicade User’s Meeting(コメンテーター、6/14、大阪)
  • ・「外来で実践する潰瘍性大腸炎治療の最新情報」Infliximab IBD Seminar 2016(招聘講演、7/2、岐阜)
  • ・「外来で実践するIBDの最新治療」IBD連携セミナー(招聘講演、7/29、松山)
  • ・「CD治療におけるHUMIRA®治療の最適化」HUMIRA® IBD Forum 2016 in 神戸(座長、8/20、神戸)
  • ・「IBD治療の現場を知る(仮題)」EAファーマ(株)『EA Lecture Meeting』(招聘講演、9/1、大阪)
  • ・「外来で実践する潰瘍性大腸炎の最新治療」IBDミーティング函館(招聘講演、9/8、函館)
  • ・「バイオ医薬品の過去・現在そして未来」田辺三菱製薬大阪支店バイオ勉強会(招聘講演、11/10、田辺三菱製薬大阪支店)
  • ・「クローン病診療の実際」ヤンセンファーマ社内勉強会(招聘講演、11/14、大阪)
  • ・「炎症性腸疾患における薬物療法の長期マネジメント」Abbvie Lecture Meeting(招聘講演、12/1、大阪)
  • ・Biologics Advisory Board Meeting(アドバイザー、12/19、大阪)


医師紹介

こんにちは。クリニックの患者さんがふだんの学生生活や就労生活、家庭生活を楽しくすごせるように、また、受験・就職・チャンスの仕事・結婚・出産など「人生のここ一番!」踏ん張れるように、院長とともに医療の面からしっかりサポートさせて頂きます。 なんでもおっしゃってください。一緒に解決していきましょう!

有光 晶子
有光 晶子
ページトップへ

略歴

資格・所属学会

  • 日本消化器病学会認定専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器内視鏡学会会員
  • 日本肝臓学会会員

経歴

  • 平成11年3月

    東京女子医科大学医学部卒業
  • 平成11年4月

    大阪大学医学部附属病院第一内科研修医
  • 平成11年6月

    大阪府立急性期総合医療センター研修医・レジデント
  • 平成15年6月

    大阪府立急性期総合医療センター消化器代謝内科 医員
  • 平成17年10月

    済生会千里病院内科 医員
  • 平成23年4月

    医療法人錦秀会インフュージョンクリニック 医長
  •    

    阪和住吉総合病院消化器内科 医長
  • 文字の大きさ
  • 中
  • 大
  • オンライン予約画面へ
ページトップへ