「うめきた」で、癒される。

診療科目

※科目名をクリックして下さい。


炎症性腸疾患

炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease; 略してIBD)とは潰瘍性大腸炎とクローン病を指します。現在日本に潰瘍性大腸炎の患者さんが約14万人、クローン病の患者さんが約3万人おられます。比較的まれな病気ですが年々増加しており、ゆくゆくは欧米並みに増えるだろうと言われています。欧米並みとはどれくらいかと言うと、例えばアメリカでは総人口約3億人に対し、潰瘍性大腸炎とクローン病を合わせて約150万人と言われています。どちらも若い時から発症し治療に難渋する事が多く、未だ原因がよくわからない病気のため、国の難病(特定疾患)に指定されています。

クローン病

クローン病は、口から肛門まで消化管、すなわち食べ物の通る道のどこにでも慢性の炎症を起こす病気ですが、多くは小腸や大腸に起こります。消化管の壁の内側から外側まで全層性に炎症を起こし、深い潰瘍を作り、狭窄や瘻孔(消化管と消化管、消化管と腹壁や肛門のまわりの皮ふなどに出来てしまったトンネルのようなもので、肛門のまわりに出来ると痔瘻と呼びます)などが起こります。主な症状は腹痛・下痢・発熱・肛門病変(痔瘻や肛門のまわりに膿が溜まったりします)などです。肛門病変をきっかけに診断されることもしばしばあります。 日本ではクローン病とわかると食事をやめて栄養剤を飲むように指導されている患者さんが多く見られますが、これほど厳しい食事制限をしている国は世界中どこへ行ってもありません。欧米ではその代わりしっかりとお薬で治療をしています。従来は潰瘍性大腸炎に用いられる5‐ASA、ステロイド、免疫調節薬などの薬で治療されていましたが、さらに強力でステロイドより副作用の少ないレミケードという薬が開発され、アメリカでは1998年から、日本でも2002年から使われています。TNF‐アルファという炎症を起こす悪玉物質をピンポイントでブロックする薬で、点滴で投与します。当クリニックではクローン病の患者さんにも、学校やお仕事を休まずに治療を受けて頂けるよう、外来で点滴を受けて頂いています。

さらにヒュミラという皮下注射製剤も承認され、家に持ち帰って自分で注射することも出来ます。

レミケードやヒュミラは非常に高い効果が得られる薬ですが、それでも時には狭くなった腸を拡げたり、あるいは切除したり、お尻に溜まった膿を外へ出す外科手術が必要な場合も起こりえます。そんな場合にもすぐに対応できるよう、外科・肛門科専門医との連携を確立しています。また夜間や緊急の場合は錦秀会阪和住吉総合病院消化器センターで対応が可能です。

診断も治療も難しい病気で、特に新しい治療法を行うには豊富な経験と知識が必要です。下痢が続く、便に血が混じる、腹痛や発熱が続く、痔瘻ができた、といった方はぜひお気軽にご相談下さい。
さらに当クリニックでは新薬の開発実験にも積極的に取り組んでいます。
診断や治療に難渋されている先生方からのご紹介も喜んでお受けいたします。

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は大腸粘膜に慢性の炎症を起こす病気です。主な症状は下痢・血便や粘血便(粘液と血液が混じった便)・腹痛などで、多くの場合緩解と再燃を繰り返します。治療には5‐アミノサリチル酸製剤(5‐ASA)、ステロイド、免疫調節薬などの薬が用いられますが、最近では簡単な装置で悪い白血球だけを血液の中から除去する血球成分除去療法という治療法が日本で開発されました。

さらにクローン病治療に用いられるレミケードがこの病気の治療にも有効とわかり、2010年6月から日本でも使えるようになりました。 当院では内服治療はもちろん、血球成分除去治療やレミケード治療もすべて外来で行なっています。
ただ、重症化・劇症化した時には外科手術が必要なこともあります。

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンの料金は1回30,000円(税別)となっております。


リウマチ

リウマチは、正しくは関節リウマチと呼ばれ、原因不明の持続性の関節炎です。通常は男性より女性の方が3〜4倍かかりやすく、日本人の300人に1人がかかっているといわれています。

関節リウマチとは

関節リウマチは全身の関節に炎症が起こる疾患です。患者数が国内に560万人(日本リウマチ財団)と非常に多くポピュラーで有名なため、手足が痛いという症状と同義で使われているケースもあるようです。関節リウマチの特徴には以下のようなものがあります。

① 原則として多関節が侵されます。1箇所が痛んだらすぐ消えて、また隣の関節が痛みだしてという風にどんどん移動していく関節痛を示すことは基本的にありません。

② 炎症がおこる疾患です。血液検査をして、何らかの項目で(血沈やCRP値、血清補体値、アミロイドA濃度などの検査があります)炎症反応が全く出ない関節リウマチはありません。

③ 骨だけの病気ではありません。眼や肺や腎臓にも病状が出ることがあります。

④ 高齢者の病気ではありません。なんとなくお歳をめした方があちこち痛むイメージをお持ちの方もおられるかもしれませんが、年齢とともに増えてくる病気ではありません。発症者が多いのは30歳台から50歳台といわれています。

⑤ 俗にいうリウマチ因子(リウマトイドファクター)が陽性の方が関節リウマチというわけではありません。リウマチ因子は健康な方でも出ます(年齢とともに陽性率が上がる)。肝臓の病気の方はリウマチ因子が陽性になることがよくあります。逆に、リウマチ因子が陰性の関節リウマチの方もおられます。

生物製剤について

 関節リウマチの治療には抗リウマチ薬という薬物を用います。中でもリウマトレックス®、メトレート®などメソトレキセートという成分を含んだ飲み薬を1週間に1ないしは2日服用するのが世界的な標準になっています。海外では毎週20mgほど服薬することもあるようですが、日本では週8mgまでしか使用が認められていません。リウマトレックスの副作用は肝障害や肺障害、白血球減少などがありますが、以外と多いものが「倦怠感」です。服用すると次の日がダルイと感じられる方がしばしばおられます。毎日服用する薬ではないので、翌日はゆっくり休める日を選ぶなど工夫をされるとよいと思います。

 リウマトレックスは関節リウマチの勢いを抑える有用なお薬です。しかし、残念ながら関節破壊を完全に抑制できないことも判明しています。そこで最近登場してきたのが「生物学的製剤」と呼ばれる注射薬です。2010年4月現在、レミケード®、エンブレル®、アクテムラ®、ヒュミラ®が関節リウマチに対して認可されています。いずれも関節破壊抑制効果が優秀であるとされています。

 レミケードは関節炎に対して即効性があります。アクテムラは徐々に効いてくるタイプです。ヒュミラ、エンブレルはその中間でしょうか。

 生物学的製剤は関節リウマチに対して大変有用なお薬ですが、注意点があります。どの生物学的製剤も免疫力が低下する恐れがあります。感染症に留意する必要があります。

 高価である点も無視できないところです。もちろん保険診療で行われますが、3割負担が発生する方では、おおよそ年間30万円から50万円の窓口負担が必要です(体重によっても異なります)。年齢や収入などによって条件が異なりますが、高額医療費制度を適応できれば一部還付金が戻ってきます。(他の生物学的製剤もヒュミラが若干高いですが、ほぼ同等の費用です。)

 この費用については次のように考えることもできます。リウマトレックスだけでは関節破壊が止まらないことがしばしばあります。関節破壊が進行しますと人工関節など手術が必要になることがあります。手術に要する費用と入院中仕事ができない経済的損失は馬鹿になりません。リウマトレックスの効果が不十分な場合、できるだけ早くに生物学的製剤を始めていただければ将来の手術が回避できるかもしれません。レミケードの場合、早期に開始すると止められる可能性もあります。

レミケードの他にもリウマチに有効な新薬がたくさん開発され、実用化されています。
エンブレル、ヒュミラ、アクテムラ、オレンシア、シンポニー、シムジアがあり、当クリニックではこのような生物学的製剤の使用を専門的に取り扱っています。

出典
1)van der Bijlら。Infliximab and methotrexate as induction therapy in patients with early rheumatoid arthritis. Arthritis Rheumatism誌2007年56巻


リウマチ治療担当 嶋 良仁医師の実績を見る

[和文]
1.Vesmeterによる強皮症皮膚病変の評価 桑原裕祐, 嶋良仁, 白山大地, 田中敏郎 リウマチ科41巻6号 Page612-619(2009.06)
2.免疫調整薬サリドマイドとその誘導体 嶋良仁 最新医学64巻2号 Page258-263(2009.02)
3.腫瘍摘出後血糖コントロールが改善した,IL-6産生悪性腹膜中皮腫の1例 富田益臣, 目黒周, 杢保敦子, 細川和広, 渥美義仁, 嶋良仁, 山鳥大材, 大島至郎, 田中敏郎 Diabetes Frontier15巻5号 Page699-706(2004.10)
4.エイズ 最近の進歩 主な日和見感染症の臨床像・診断・治療・予防 ニューモシスチス・カリニ肺炎 藤野隆興, 藤純一郎, 嶋良仁, 他 臨床と微生物25巻3号 Page301-304(1998.05)
5.ハイリスク呼吸器感染 エイズ患者と結核 藤野隆興, 嶋良仁, 白阪琢磨 綜合臨床46巻11号 Page2727-2730(1997.11)
6.IL-6シグナル伝達阻害による慢性関節リウマチの治療 團野典行, 西本憲弘, 嶋良仁, 他 医学のあゆみ182巻9号 Page657-660(1997.08)
7.膠原病の新たな治療 ヒト型化抗IL-6受容体抗体を用いた慢性関節リウマチの治療 團野典行, 西本憲弘, 嶋良仁, 他 医学のあゆみ182巻4号 Page211-214(1997.07)
8.インターロイキン6の受容体抗体の臨床応用 西本憲弘(大阪大学 健康体育), 嶋良仁, 笹井光子, 他 日本臨床免疫学会会誌20巻2号 Page87-94(1997.04)
9.臨床医に必要な免疫学 慢性関節リウマチにおける抗サイトカイン療法 笹井光子, 西本憲弘, 嶋良仁, 他 診断と治療85巻4号 Page646-650(1997.04)
10.膠原病治療の展望 ステロイド治療から抗体療法まで 吉崎和幸, 嶋良仁, 佐伯行彦, 他 日本内科学会雑誌85巻11号 Page1895-1901(1996.11)
11.ヒト型化抗IL-6受容体抗体を用いた慢性関節リウマチの治療 團野典行, 西本憲弘, 嶋良仁, 他 医学のあゆみ181巻3号 Page212-213(1997.04)
12.BRMの新しい概念 増殖因子やその受容体に対する抗体を用いる癌治療 池亀和博, 西本憲弘, 嶋良仁, 他 癌治療と宿主8巻4号 Page369-374(1996.10)
13.アポートシスと自己免疫疾患 嶋良仁, 緒方篤, 西本憲弘, 他 臨床科学31巻5号 Page565-571(1995.05)
14.多発性骨髄腫の病態と治療 All-trans retinoic acidの骨髄腫細胞に対する作用 西本憲弘, 緒方篤, 嶋良仁, 他 血液・腫瘍科32巻5号 Page387-393(1996.05)
15.IL-6シグナル伝達阻害による多発性骨髄腫の治療の可能性 西本憲弘, 嶋良仁, 緒方篤, 他 BIOTHERAPY Today2巻2号 Page85-89(1995.12)
16.ヒト型化抗IL-6受容体抗体を用いたミエローマ,キャッスルマン病,慢性関節リウマチの治療 西本憲弘, 吉崎和幸, 嶋良仁, 他 治療学30巻1号 Page66-69(1996.01)
17.サイトカインレセプターと疾患 IL-6レセプターと疾患 嶋良仁, 西本憲弘, 緒方篤, 他 炎症と免疫3巻2号 Page132-140(1995.02)
18.IL-6シグナル伝達阻害による多発性骨髄腫の治療法の開発 西本憲弘, 緒方篤, 嶋良仁, 他 BIO Clinica10巻10号 Page740-743(1995.09)
[英文]
1: Tanaka T, Hagihara K, Shima Y, Narazaki M, Ogata A, Kawase I, Kishimoto T. Treatment of a patient with remitting seronegative, symmetrical synovitis with pitting oedema with a humanized anti-interleukin-6 receptor antibody, tocilizumab. Rheumatology (Oxford). 2010 Apr;49(4):824-6. Epub 2009 Dec 11.
2: Tanaka T, Kuwahara Y, Shima Y, Hirano T, Kawai M, Ogawa M, Arimitsu J, Hagihara K, Narazaki M, Ogata A, Kawase I, Kishimoto T. Successful treatment of reactive arthritis with a humanized anti-interleukin-6 receptor antibody, tocilizumab. Arthritis Rheum. 2009 Dec 15;61(12):1762-4.
3: Ogata A, Mori M, Hashimoto S, Yano Y, Fujikawa T, Kawai M, Kuwahara Y, Hirano T, Arimitsu J, Hagihara K, Shima Y, Narazaki M, Yokota S, Kishimoto T, Kawase I, Tanaka T. Minimal influence of tocilizumab on IFN-gamma synthesis by tuberculosis antigens. Mod Rheumatol. 2010 Apr;20(2):130-3. Epub 2009 Nov 7.
4: Terabe F, Kitano M, Kawai M, Kuwahara Y, Hirano T, Arimitsu J, Hagihara K, Shima Y, Narazaki M, Tanaka T, Kawase I, Sano H, Ogata A. Imatinib mesylate inhibited rat adjuvant arthritis and PDGF-dependent growth of synovial fibroblast via interference with the Akt signaling pathway. Mod Rheumatol. 2009;19(5):522-9. Epub 2009 Jul 1.
5: Nishida S, Hagihara K, Shima Y, Kawai M, Kuwahara Y, Arimitsu J, Hirano T, Narazaki M, Ogata A, Yoshizaki K, Kawase I, Kishimoto T, Tanaka T. Rapid improvement of AA amyloidosis with humanised anti-interleukin 6 receptor antibody treatment. Ann Rheum Dis. 2009 Jul;68(7):1235-6.
6: Hirano T, Kawai M, Arimitsu J, Ogawa M, Kuwahara Y, Hagihara K, Shima Y, Narazaki M, Ogata A, Koyanagi M, Kai T, Shimizu R, Moriwaki M, Suzuki Y, Ogino S, Kawase I, Tanaka T. Preventative effect of a flavonoid, enzymatically modified isoquercitrin on ocular symptoms of Japanese cedar pollinosis. Allergol Int. 2009 Sep;58(3):373-82. Epub 2009 May 25.
7: Kawai M, Hirano T, Arimitsu J, Higa S, Kuwahara Y, Hagihara K, Shima Y, Narazaki M, Ogata A, Koyanagi M, Kai T, Shimizu R, Moriwaki M, Suzuki Y, Ogino S, Kawase I, Tanaka T. Effect of enzymatically modified isoquercitrin, a flavonoid, on symptoms of Japanese cedar pollinosis: a randomized double-blind placebo-controlled trial. Int Arch Allergy Immunol. 2009;149(4):359-68. Epub 2009 Mar 17.
8: Kawai M, Hagihara K, Hirano T, Shima Y, Kuwahara Y, Arimitsu J, Narazaki M, Ogata A, Kawase I, Kishimoto T, Tanaka T. Sustained response to tocilizumab, anti-interleukin-6 receptor antibody, in two patients with refractory relapsing polychondritis. Rheumatology (Oxford). 2009 Mar;48(3):318-9. Epub 2008 Dec 23.
9: Ogata A, Terabe F, Nakanishi K, Kawai M, Kuwahara Y, Hirano T, Arimitsu J, Hagihara K, Shima Y, Narazaki M, Tanaka T, Kawase I. Etanercept improved primary biliary cirrhosis associated with rheumatoid arthritis. Joint Bone Spine. 2009 Jan;76(1):105-7. Epub 2008 Oct 9.
10: Kuwahara Y, Shima Y, Shirayama D, Kawai M, Hagihara K, Hirano T, Arimitsu J, Ogata A, Tanaka T, Kawase I. Quantification of hardness, elasticity and viscosity of the skin of patients with systemic sclerosis using a novel sensing device (Vesmeter): a proposal for a new outcome measurement procedure. Rheumatology (Oxford). 2008 Jul;47(7):1018-24. Epub 2008 Apr 25.
11: Kuwahara Y, Shima Y, Kawai M, Hagihara K, Hirano T, Arimitsu J, Narazaki M, Ogata A, Tanaka T, Kawase I, Ogiwara A. What kind of durometer is best suited for the assessment of skin disease in systemic sclerosis? Comment on the article by Kissin et al. Arthritis Rheum. 2008 Apr 15;59(4):601.
12: Hirano T, Hagiharai K, Kawai M, Kuwahara Y, Yamadori T, Shima Y, Ogata A, Tanaka T, Yoshizaki K, Kawase I. [Successful therapy with steroid and cyclophosphamide pulse for CNS lupus and lupus myelitis]. Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2007 Oct;30(5):414-8. Japanese.
13: Tanaka Y, Yamamoto K, Takeuchi T, Nishimoto N, Miyasaka N, Sumida T, Shima Y, Takada K, Matsumoto I, Saito K, Koike T. A multicenter phase I/II trial of rituximab for refractory systemic lupus erythematosus. Mod Rheumatol. 2007;17(3):191-7. Epub 2007 Jun 20.
14: Kuwahara Y, Shima Y, Tanaka T, Kimura H, Hoshida Y, Aozasa K, Kawase I. Successful treatment with intravenous cyclophosphamide pulse therapy of severe intestinal involvement in Wegener's granulomatosis. Scand J Rheumatol. 2006 May-Jun;35(3):243-5.
15: Hirano T, Arimitsu J, Higa S, Naka T, Ogata A, Shima Y, Fujimoto M, Yamadori T, Ohkawara T, Kuwabara Y, Kawai M, Kawase I, Tanaka T. Luteolin, a flavonoid, inhibits CD40 ligand expression by activated human basophils. Int Arch Allergy Immunol. 2006;140(2):150-6. Epub 2006 Apr 4.
16: Arimitsu J, Hirano T, Higa S, Kawai M, Naka T, Ogata A, Shima Y, Fujimoto M, Yamadori T, Hagiwara K, Ohgawara T, Kuwabara Y, Kawase I, Tanaka T. IL-18 gene polymorphisms affect IL-18 production capability by monocytes. Biochem Biophys Res Commun. 2006 Apr 21;342(4):1413-6. Epub 2006 Feb 28.
17: Hirano T, Higa S, Arimitsu J, Naka T, Ogata A, Shima Y, Fujimoto M, Yamadori T, Ohkawara T, Kuwabara Y, Kawai M, Matsuda H, Yoshikawa M, Maezaki N, Tanaka T, Kawase I, Tanaka T. Luteolin, a flavonoid, inhibits AP-1 activation by basophils. Biochem Biophys Res Commun. 2006 Feb 3;340(1):1-7. Epub 2005 Dec 6.
18: Yamane H, Tachibana I, Takeda Y, Saito Y, Tamura Y, He P, Suzuki M, Shima Y, Yoneda T, Hoshino S, Inoue K, Kijima T, Yoshida M, Kumagai T, Osaki T, Eishi Y, Kawase I. Propionibacterium acnes-induced hepatic granuloma formation is impaired in mice lacking tetraspanin CD9. J Pathol. 2005 Aug;206(4):486-92.
19: Shima Y, Iwano M, Yoshizaki K, Tanaka T, Kawase I, Nishimoto N. All-trans-retinoic acid inhibits the development of mesangial proliferative glomerulonephritis in interleukin-6 transgenic mice. Nephron Exp Nephrol. 2005;100(1):e54-62. Epub 2005 Mar 23.
20: Hirano T, Higa S, Arimitsu J, Naka T, Shima Y, Ohshima S, Fujimoto M, Yamadori T, Kawase I, Tanaka T. Flavonoids such as luteolin, fisetin and apigenin are inhibitors of interleukin-4 and interleukin-13 production by activated human basophils. Int Arch Allergy Immunol. 2004 Jun;134(2):135-40. Epub 2004 May 17.
21: Fujimoto M, Tsutsui H, Xinshou O, Tokumoto M, Watanabe D, Shima Y, Yoshimoto T, Hirakata H, Kawase I, Nakanishi K, Kishimoto T, Naka T. Inadequate induction of suppressor of cytokine signaling-1 causes systemic autoimmune diseases. Int Immunol. 2004 Feb;16(2):303-14.
22: Treon SP, Pilarski LM, Belch AR, Kelliher A, Preffer FI, Shima Y, Mitsiades CS, Mitsiades NS, Szczepek AJ, Ellman L, Harmon D, Grossbard ML, Anderson KC. CD20-directed serotherapy in patients with multiple myeloma: biologic considerations and therapeutic applications. J Immunother. 2002 Jan-Feb;25(1):72-81.
23: Gupta D, Treon SP, Shima Y, Hideshima T, Podar K, Tai YT, Lin B, Lentzsch S, Davies FE, Chauhan D, Schlossman RL, Richardson P, Ralph P, Wu L, Payvandi F, Muller G, Stirling DI, Anderson KC. Adherence of multiple myeloma cells to bone marrow stromal cells upregulates vascular endothelial growth factor secretion: therapeutic applications. Leukemia. 2001 Dec;15(12):1950-61.
24: Yokota A, Narazaki M, Shima Y, Murata N, Tanaka T, Suemura M, Yoshizaki K, Fujiwara H, Tsuyuguchi I, Kishimoto T. Preferential and persistent activation of the STAT1 pathway in rheumatoid synovial fluid cells. J Rheumatol. 2001 Sep;28(9):1952-9.
25: Mitsiades CS, Treon SP, Mitsiades N, Shima Y, Richardson P, Schlossman R, Hideshima T, Anderson KC. TRAIL/Apo2L ligand selectively induces apoptosis and overcomes drug resistance in multiple myeloma: therapeutic applications. Blood. 2001 Aug 1;98(3):795-804.
26: Podar K, Tai YT, Davies FE, Lentzsch S, Sattler M, Hideshima T, Lin BK, Gupta D, Shima Y, Chauhan D, Mitsiades C, Raje N, Richardson P, Anderson KC. Vascular endothelial growth factor triggers signaling cascades mediating multiple myeloma cell growth and migration. Blood. 2001 Jul 15;98(2):428-35.
27: Saeki Y, Ohshima S, Ishida T, Shima Y, Umeshita-Sasai M, Nishioka K, Yamaguchi N, Suemura M. Remission of the renal involvement in a patient with primary Sj?gren's syndrome (SS) after pulse high-dose corticosteroid infusion therapy. Clin Rheumatol. 2001;20(3):225-8.
28: Tai YT, Teoh G, Lin B, Davies FE, Chauhan D, Treon SP, Raje N, Hideshima T, Shima Y, Podar K, Anderson KC. Ku86 variant expression and function in multiple myeloma cells is associated with increased sensitivity to DNA damage. J Immunol. 2000 Dec 1;165(11):6347-55.
29: Treon SP, Maimonis P, Bua D, Young G, Raje N, Mollick J, Chauhan D, Tai YT, Hideshima T, Shima Y, Hilgers J, von Mensdorff-Pouilly S, Belch AR, Pilarski LM, Anderson KC. Elevated soluble MUC1 levels and decreased anti-MUC1 antibody levels in patients with multiple myeloma. Blood. 2000 Nov 1;96(9):3147-53.
30: Hideshima T, Chauhan D, Shima Y, Raje N, Davies FE, Tai YT, Treon SP, Lin B, Schlossman RL, Richardson P, Muller G, Stirling DI, Anderson KC. Thalidomide and its analogs overcome drug resistance of human multiple myeloma cells to conventional therapy. Blood. 2000 Nov 1;96(9):2943-50.
31: Chauhan D, Pandey P, Hideshima T, Treon S, Raje N, Davies FE, Shima Y, Tai YT, Rosen S, Avraham S, Kharbanda S, Anderson KC. SHP2 mediates the protective effect of interleukin-6 against dexamethasone-induced apoptosis in multiple myeloma cells. J Biol Chem. 2000 Sep 8;275(36):27845-50.
32: Hideshima T, Chauhan D, Teoh G, Raje N, Treon SP, Tai YT, Shima Y, Anderson KC. Characterization of signaling cascades triggered by human interleukin-6 versus Kaposi's sarcoma-associated herpes virus-encoded viral interleukin 6. Clin Cancer Res. 2000 Mar;6(3):1180-9.
33: Treon SP, Shima Y, Grossbard ML, Preffer FI, Belch AR, Pilarski LM, Anderson KC. Treatment of multiple myeloma by antibody mediated immunotherapy and induction of myeloma selective antigens. Ann Oncol. 2000;11 Suppl 1:107-11. Review.
34: Tai YT, Teoh G, Shima Y, Chauhan D, Treon SP, Raje N, Hideshima T, Davies FE, Anderson KC. Isolation and characterization of human multiple myeloma cell enriched populations. J Immunol Methods. 2000 Feb 21;235(1-2):11-9.
35: Teoh G, Tai YT, Urashima M, Shirahama S, Matsuzaki M, Chauhan D, Treon SP, Raje N, Hideshima T, Shima Y, Anderson KC. CD40 activation mediates p53-dependent cell cycle regulation in human multiple myeloma cell lines. Blood. 2000 Feb 1;95(3):1039-46.
36: Nishimoto N, Sasai M, Shima Y, Nakagawa M, Matsumoto T, Shirai T, Kishimoto T, Yoshizaki K. Improvement in Castleman's disease by humanized anti-interleukin-6 receptor antibody therapy. Blood. 2000 Jan 1;95(1):56-61.
37: Treon SP, Shima Y, Preffer FI, Doss DS, Ellman L, Schlossman RL, Grossbard ML, Belch AR, Pilarski LM, Anderson KC. Treatment of plasma cell dyscrasias by antibody-mediated immunotherapy. Semin Oncol. 1999 Oct;26(5 Suppl 14):97-106.
38: Nishimoto N, Shima Y, Sasai M, Danno N, Yoshizaki K. [Clinical application of interleukin-6 receptor antibody]. Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 1997 Apr;20(2):87-94. Review. Japanese.
39: Nishimoto N, Shima Y, Yoshizaki K, Kishimoto T. Myeloma biology and therapy. Present status and future developments. Hematol Oncol Clin North Am. 1997 Feb;11(1):159-72. Review.
40: Yoshizaki K, Shima Y, Saeki Y, Nishimoto N. [Steroid therapy and immunotherapy of patients with collagen diseases]. Nippon Naika Gakkai Zasshi. 1996 Nov 10;85(11):1895-901. Review. Japanese.
41: Shima Y, Nishimoto N, Yoshizaki K, Kishimoto T. Fas antigen/APO-1 (CD95) expression on myeloma cells. Leuk Lymphoma. 1996 Nov;23(5-6):521-31. Review.
42: Yamazaki H, Nishimoto N, Oi H, Matsushita M, Ogata A, Shima Y, Inoue T, Tang JT, Yoshizaki K, Kishimoto T, et al. Serum interleukin 6 as a predicator of the therapeutic effect and adverse reactions after transcatheter arterial embolization. Cytokine. 1995 Feb;7(2):191-5.
43: Shima Y, Nishimoto N, Ogata A, Fujii Y, Yoshizaki K, Kishimoto T. Myeloma cells express Fas antigen/APO-1 (CD95) but only some are sensitive to anti-Fas antibody resulting in apoptosis. Blood. 1995 Feb 1;85(3):757-64.
44: Tani Y, Nishimoto N, Ogata A, Shima Y, Yoshizaki K, Kishimoto T. Gp130 in human myeloma/plasmacytoma. Curr Top Microbiol Immunol. 1995;194:229-33.
45: Ogata A, Nishimoto N, Shima Y, Yoshizaki K, Kishimoto T. Inhibitory effect of all-trans retinoic acid on the growth of freshly isolated myeloma cells via interference with interleukin-6 signal transduction. Blood. 1994 Nov 1;84(9):3040-6.
46: Nishimoto N, Ogata A, Shima Y, Yoshizaki K. [Interleukin-6]. Gan To Kagaku Ryoho. 1994 Aug;21(10):1707-16. Review. Japanese.
47: Nishimoto N, Ogata A, Shima Y, Tani Y, Ogawa H, Nakagawa M, Sugiyama H, Yoshizaki K, Kishimoto T. Oncostatin M, leukemia inhibitory factor, and interleukin 6 induce the proliferation of human plasmacytoma cells via the common signal transducer, gp130. J Exp Med. 1994 Apr 1;179(4):1343-7.
48: Azuma T, Matsubara T, Shima Y, Haeno S, Fujimoto T, Tone K, Shibata N, Sakoda S. Neurosteroids in cerebrospinal fluid in neurologic disorders. J Neurol Sci. 1993 Dec 1;120(1):87-92.

皮膚科

皮膚に発生する湿疹やガサガサしたもの、ジュクジュクしたもの、赤く腫れたものなど診療しています。

特に当クリニックでは炎症性腸疾患やリウマチ、膠原病の患者の方が多いため、これらの疾患に付随する皮膚異常について重点的に診療しています。

 潰瘍性大腸炎やクローン病、関節リウマチ、膠原病各疾患では生物学的製剤や免疫抑制剤、抗リウマチ薬、ステロイドなど使用されていることが多いことから、皮膚の異常が現れた場合次の3つを考える必要があります。①感染症(細菌やカビ)ではないか、②元々の病気の症状の一つとして皮膚に異常が出たものでないか、③元々の病気とは別に発生した皮膚の病気ではないか。まず、①の感染症ですが、生物学的製剤やステロイド、免疫抑制剤の使用では体の抵抗力が低下するために意外な感染症を拾ってしまうことがあります。いろんなところに細菌やカビはいますが、一般的には皮膚がバリアーとなっておりちょっと触ったくらいでは感染しません。しかし上述するような薬剤を使用していると感染症を起こします。生物学的製剤や、ステロイド、免疫抑制剤を使用されている方はカビに対する皮膚のバリアー機能が弱くなっています。体を清潔に保つよう留意しましょう。特にフケがたまり易い頭皮、腋や肘・膝・指など汗がたまり易い折れ曲がるところは気をつけてください。①「感染症」と②「原病」もしくは③「合併疾患」とでは治療方針がまったく違います。当クリニックでは皮疹の表層の薄皮をはがして、特殊な薬液を用いてカビがついていないかどうかを顕微鏡で検査しています。黄色い水が出ている場合、膿が出ている場合は細菌感染症の可能性がありますので、専用の綿棒を用いて菌の特定を行っています。

 皮膚に出やすい感染症について。繰り返しますが、生物学的製剤や、ステロイド、免疫抑制剤を使用されている方はカビに対する抵抗力が弱くなっています。代表的な病気に「脂漏性皮膚炎」があります。頭皮や顔などに赤くてガサガサした、表面に粉を吹いたような皮疹ができます。多くはマラセチアという名前のカビが原因になります。マラセチアはフケ菌ともいわれ、どんな人でも皮膚の上に多少はいます。これが異常に増殖して皮膚の比較的浅いところに巣を作っているのが脂漏性皮膚炎です。胸や腹に十円玉くらいの大きさのカフェオレのような色の皮疹ができる場合もあり、この場合は殿風と呼ばれています。マラセチアに対する抗カビ薬を塗って治療しますが、頭皮などは薬を塗ること自体やり易い場所ではありません。水虫の場合も同様ですが、カビで起こる病気は根気よく治療を続ける必要があります。

 炎症性腸疾患で生物学的製剤を使用中に頭皮にガサガサした赤い皮疹がでた場合、上記の①「感染症」でないとすると、③「別の病気の合併」すなわち尋常性乾癬という病気が合併している可能性があります。炎症性腸疾患で用いられるレミケードやヒュミラといった生物学的製剤は尋常性乾癬の治療薬でもありますので、レミケードやヒュミラ使用中に尋常性乾癬が出現するのは逆さまの反応になります。このような逆さまの反応を奇異性反応(paradoxical reaction)と呼んでいます。関節リウマチにレミケードやヒュミラを使用した場合にはこの奇異性反応はほとんど起こりません。炎症性腸疾患という病気そのものが尋常性乾癬を起こしやすいという特徴があるのかもしれません。ただ、関節リウマチにレミケードやヒュミラを使用する時は原則メソトレキセート(MTX)という薬剤を併用します。MTXは乾癬の治療薬でもありますので(不思議なことに日本では未承認)、MTX併用せずにレミケードやヒュミラを使用する場合のトラブルかもしれません。ステロイド成分を含んだ外用薬、ビタミンDやビタミンAの外用薬を用いて治療にあたります。


美容皮膚科(自費診療のみ)

美容皮膚科開設のお知らせ

近年では、加齢に伴う肌の変化に対しても医学的根拠をもとに治療が行われるようになってきました。個人にあった治療の内容を選択し安全性の高い美容診療を行っております。

皮膚の老化

皮膚の老化には加齢による自然老化と紫外線を浴びたことで起きる光老化とがあり、自然老化は20%で、約80%は紫外線による光老化であるといわれており、光老化によりシミ、しわ、皮膚癌などの慢性皮膚障害が発生します。
紫外線のうち地上まで届いてお肌に影響を及ぼすのは波長400–315 nmのUVAと波長315〜280nmのUVBです。

UVBは真皮の浅い層までで止まりますが、痛みを伴う皮膚の炎症の原因となります(サンバーン=sunburn)。炎症により活性酸素が作られ、DNAの損傷や細胞膜の酸化が引き起こされます。
UVAは曇りでも降り注ぎ表皮の下の真皮層まで届くため、お肌の弾力性を維持する真皮の弾性繊維を変性させます。また、メラノサイトという表皮基底膜に存在する細胞でメラニン色素を過剰に生産させしみを生じます(サンタン =suntan)。
このように肌はUVAとUVBの両方の紫外線からダメージを受け、光老化が進んでいきます。
さらに、長年日光を浴び続けていると、紫外線による慢性傷害により良性の皮膚腫瘍や前癌状態である日光角化症、皮膚癌が生じる可能性があります。
参考資料:
環境省紫外線環境保健マニュアル(https://www.env.go.jp/chemi/matsigaisen2015/full.pdf)

しかし、人間はもともと体内で発生する活性酸素を消去する酵素を持っているのです。また、摂取可能な抗酸化作用を有する物質にはビタミンCやビタミンEなどのビタミン類や、ポリフェノール、カテキンなどがあります。普段の生活のなかで正しい食生活や紫外線対策を行い、肌を含めた老化をゆるやかにし美しく年齢を重ねましょう。

レーザーとは

太陽光線は、波長の種類からγ(ガンマ線)、X線、紫外線、可視光線、赤外線、マイクロ波の6つに分けられます。太陽光線のうちある特定の単波長のみを人工的に取り出して増幅させたものをレーザーといいます。
レーザーには、赤や茶色など特定の色素を有する細胞や組織を選択的に破壊するレーザーと、レーザーの有する熱エネルギーによって水分を蒸散させ真皮に熱刺激を加えることで治療するレーザーがあります。
また、レーザーの組織深部への到達は波長によって異なり、波長の長いレーザーのほうが深部まで到達します。

組織の吸収スペクトルでもっとも大切なものは、水、ヘモグロビン、メラニンです。この3つの物質のそれぞれのレーザー吸収特性を表したものが下の図です。

当院では、日本でも導入している施設が数少ない、イタリアQuanta社のQuanta Systemレーザー(Q-Plus Star)という多機能レーザーを導入しました。
このレーザーの特徴は高いパワーでも照射部位に均等にエネルギーが照射されることで、効率の良い照射が可能です。

<従来のレーザー>
<Q-Plus Star> 中央のパワーが高い 照射ムラができる。 均一なパワー照射 均一な照射

Q Plus Evo-QS-YAG (Qスイッチ付Nd-YAGレーザー)

2種類の波長(532nm、1064nm)を持ち、幅広い色素を選択するのが特徴です。Qスイッチとは、ナノ秒という短い時間にレーザー光を発振するため高いパワーの照射が可能です。

適応疾患
肌質改善 くま 毛穴開大 くすみ 肝斑などの薄い色素病変 外傷性色素沈着 遅発性大田母斑 シミ そばかす 血管拡張病変

Twain 2940 Er:YAG Laser (エルビウムYAGレーザー)

波長2940nmのレーザーを照射し表皮角質層を蒸散するレーザーです。周辺の正常組織への熱損傷がほとんどないため治療後の赤みや色素沈着を軽減することが可能です。長期経過ではコラーゲンの熱変性による収縮、新生、再構築します。フラクショナル機能を搭載しているため創傷治癒メカニズムを利用した深部の治療も可能です。

適応疾患
肌質改善 くま 毛穴開大 くすみ 小じわ たるみ いぼ 黒子

ロングパルスアレキサンドライト脱毛レーザー

波長755nmのレーザーを照射し毛根を焼灼することで脱毛します。毛根付近以外のメラニン温度を上昇させることなく効率的に毛根のメラニンを焼くことができます。
毛は周期的に成長、休止を繰り返しています。脱毛レーザーは毛の生えている成長期のみに効果があるので、毛周期にあわせた数回の照射が必要となります。

レーザーの種類と適応疾患

レーザー Qスイッチ付Nd-YAG エルビウムYAG アレキサンドライト
しみ  
黒子  
いぼ    
美肌  
毛穴  
くま    
脱毛    

一般内科

  • 文字の大きさ
  • 中
  • 大
  • オンライン予約画面へ
ページトップへ