「うめきた」で、癒される。

特別診療

特別診療は保険でカバーできない診療で、保険診療と同時に受けて頂くことはできません(すべて自費になってしまいます)。特別診療は次のA、Bに大きく分けることができます。当院ではすべての診療を予約優先とさせて頂いております。

A.治療の効果はきちんと証明されているけれど費用は保険でカバーできないもの
1.男性型脱毛症AGAや勃起不全ED治療薬の処方。
2.ワクチン接種。お電話(メール)でのご予約が必要です。

B.治療効果を評価するための臨床試験は行われていないものの、従来から経験的に用いられていて、病気の治療というよりむしろ健康の増進やより高いレベルの能力を発揮するのに助けになるだろうと思われるもので、保険ではカバーされないもの

1.点滴療法

点滴は輸液製剤の中に目的に応じた薬剤を追加して行います。輸液製剤は基本的にブドウ糖を加えた電解質輸液200mLを使用しますが、血糖が高い方や糖尿病がご心配な方にはブドウ糖を含まないものを使用します。複数のレシピの組み合わせも可能で、組み合わせても点滴の量は200mLで変わりません。点滴にかかる時間は原則30分、ただし超高濃度ビタミンC25gだけは血管痛が起こり得ますので、60分はかけた方がよいでしょう。

a.超高濃度ビタミンC:ノーベル賞を二度も受賞したアメリカの科学者ライナス・ポーリング博士によって提唱された免疫力を強化する治療法です。ポーリング博士は自らの体験や研究をもとに「ビタミンCと感冒」、「癌とビタミンC」を執筆しています。ビタミンCの抗腫瘍効果に関する論文は毎年たくさん発表されています。当院では12.5gと25gの点滴をご用意しています。25gは人によって赤血球が壊れることがあるため、あらかじめ血液検査(別途料金)が必要です。初回は12.5gにして頂いて、25gへの増量をお考えの方は同時に採血を行います。
b.肝機能サポート:肝機能異常の改善に効能・効果が認められた強力ネオミノファーゲンシーを配合した点滴です。
c.疲労回復:いわゆる「にんにく注射」と呼ばれるものが疲労回復目的に用いられますが、匂いがして苦手だと言う方もおられますので、当クリニックではニンニク注射と同じ量のビタミンB1を含んだ、匂いの少ない薬剤を用いております。

2.プラセンタ注射

ヒト胎盤抽出物であるラエンネックⓇという注射薬は慢性肝疾患における肝機能の改善に承認された医薬品ですが、承認された目的以外にも自然治癒力を高め、アンチエイジング目的にも用いられています。点滴投与が正式には認められていないため、皮下注射をおすすめしています。実際点滴ではショックを起こす危険性があり、また効果も一時的ですぐに体内から排泄されてしまいます。美容目的では皮下注射が一番体内に残りやすく、持続的な効果が期待できます。

3.アミノインデックス

血液中のアミノ酸を調べることにより、がんであるリスク(可能性)を評価する検査です。採血だけの簡便な検査ですが、検査前の食事に制限がありますので、お電話でのご予約をお願い致します。検査結果は郵便でお知らせすることも可能です。検査の結果リスクが高いと判断された時には、ご希望により精密検査のご紹介やご予約をさせて頂きます。
a.男性5種(32,400[税込])(胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、膵臓がん)
b.女性6種(32,400[税込])(胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん)
  • 文字の大きさ
  • 中
  • 大
  • オンライン予約画面へ
ページトップへ