美容皮膚科(自費診療のみ)

美容皮膚科開設のお知らせ

近年では、加齢に伴う肌の変化に対しても医学的根拠をもとに治療が行われるようになってきました。個人にあった治療の内容を選択し安全性の高い美容診療を行っております。


皮膚の老化

皮膚の老化には加齢による自然老化と紫外線を浴びたことで起きる光老化とがあり、自然老化は20%で、約80%は紫外線による光老化であるといわれており、光老化によりシミ、しわ、皮膚癌などの慢性皮膚障害が発生します。

紫外線のうち地上まで届いてお肌に影響を及ぼすのは波長400–315 nmのUVAと波長315〜280nmのUVBです。

UVBは真皮の浅い層までで止まりますが、痛みを伴う皮膚の炎症の原因となります(サンバーン=sunburn)。炎症により活性酸素が作られ、DNAの損傷や細胞膜の酸化が引き起こされます。

UVAは曇りでも降り注ぎ表皮の下の真皮層まで届くため、お肌の弾力性を維持する真皮の弾性繊維を変性させます。また、メラノサイトという表皮基底膜に存在する細胞でメラニン色素を過剰に生産させしみを生じます(サンタン =suntan)。

 

このように肌はUVAとUVBの両方の紫外線からダメージを受け、光老化が進んでいきます。

さらに、長年日光を浴び続けていると、紫外線による慢性傷害により良性の皮膚腫瘍や前癌状態である日光角化症、皮膚癌が生じる可能性があります。

参考資料:環境省紫外線環境保健マニュアル


しかし、人間はもともと体内で発生する活性酸素を消去する酵素を持っているのです。また、摂取可能な抗酸化作用を有する物質にはビタミンCやビタミンEなどのビタミン類や、ポリフェノール、カテキンなどがあります。普段の生活のなかで正しい食生活や紫外線対策を行い、肌を含めた老化をゆるやかにし美しく年齢を重ねましょう。

レーザーとは

太陽光線は、波長の種類からγ(ガンマ線)、X線、紫外線、可視光線、赤外線、マイクロ波の6つに分けられます。太陽光線のうちある特定の単波長のみを人工的に取り出して増幅させたものをレーザーといいます。

レーザーには、赤や茶色など特定の色素を有する細胞や組織を選択的に破壊するレーザーと、レーザーの有する熱エネルギーによって水分を蒸散させ真皮に熱刺激を加えることで治療するレーザーがあります。

また、レーザーの組織深部への到達は波長によって異なり、波長の長いレーザーのほうが深部まで到達します。

組織の吸収スペクトルでもっとも大切なものは、水、ヘモグロビン、メラニンです。

 

この3つの物質のそれぞれのレーザー吸収特性を表したものが右の図です。


当院では、日本でも導入している施設が数少ない、イタリアQuanta社のQuanta Systemレーザー(Q-Plus Star)という多機能レーザーを導入しました。このレーザーの特徴は高いパワーでも照射部位に均等にエネルギーが照射されることで、効率の良い照射が可能です。

従来のレーザー

Q Plus Evo-QS-YAG (Qスイッチ付Nd-YAGレーザー)

2種類の波長(532nm、1064nm)を持ち、幅広い色素を選択するのが特徴です。Qスイッチとは、ナノ秒という短い時間にレーザー光を発振するため高いパワーの照射が可能です。

<適応疾患>

肌質改善 くま 毛穴開大 くすみ 肝斑などの薄い色素病変 外傷性色素沈着 遅発性大田母斑 シミ そばかす 血管拡張病変

Twain 2940 Er:YAG Laser (エルビウムYAGレーザー)

波長2940nmのレーザーを照射し表皮角質層を蒸散するレーザーです。周辺の正常組織への熱損傷がほとんどないため治療後の赤みや色素沈着を軽減することが可能です。長期経過ではラーゲンの熱変性による収縮、新生、再構築します。フラクショナル機能を搭載しているため創傷治癒メカニズムを利用した深部の治療も可能です。

<適応疾患>

肌質改善 くま 毛穴開大 くすみ 小じわ たるみ いぼ 黒子

ロングパルスアレキサンドライト脱毛レーザー

波長755nmのレーザーを照射し毛根を焼灼することで脱毛します。毛根付近以外のメラニン温度を上昇させることなく効率的に毛根のメラニンを焼くことができます。毛は周期的に成長、休止を繰り返しています。脱毛レーザーは毛の生えている成長期のみに効果があるので、毛周期にあわせた数回の照射が必要となります。

レーザーの種類と適応疾患

レーザー Qスイッチ付Nd-YAG エルビウムYAG アレキサンドライト
しみ  
黒子  
いぼ    
美肌  
毛穴  
くま    
脱毛    

ケミカルピーリングも行なっています